カテゴリー「コンピュータ」の47件の記事

2014/10/02

ノートPC入手

Dsc_0446_2

LaVie Z LZ550/SSBを購入。今まで何台もPC買ってきたけど、ノートPCとしては2台目。
今回も、価格コムのプリントアウトをビックカメラで見せて価格交渉。ポイント込みで、ほぼ価格コム最安値近くになったので購入。
まだ使い込んでないけど、印象としては以下のとおり。

【悪い点】
・タッチパッドが使いにくい。予想外のところで反応してしまう。
・Windows 8.1が使いにくい。単なる慣れの問題かもしれないけど、異様に使いにくい。
・電池が持たない。ガンガン使って2時間強か。

【良い点】
・軽い

良い点はたった一つか、、、がっくり。
でも本体795gと本当に軽い。この軽さは圧倒的な利点。
さあ、あとはちゃんと使い込めるかどうかだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/11

Nexus 7 (2013)

Nexus 7 (2013)

日曜発注したのが本日到着。前回同様、今回も伝票はシンガポール、発送元は香港からみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/18

ニフティでの「不正なログインの発生について」について思う

発生の原因が、はっきりしないけどニフティ自体のユーザーDBがクラッキングされたということではないみたい。
でも、ニフティのIDってかんたんに推測できるし(英字3文字+数字5文字)、辞書攻撃でもされたのかな。
いずれにしろ、特定IPからの攻撃で、「2013年7月14日(日)~16日(火)にかけて行われており、少なくとも21,184ID」となるまで遮断できなかったことは、お粗末としか言いようがない。また、かんたんに推測できるログインIDを残していること自体にも疑問を感じる。
もう20年ぐらい、ずっとニフティをメインに使っていたけど、連絡用メールアドレスとブログだけ残して他に乗り換えることを検討してみようかな。

---------------以下引用---------------
http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/130717004246/1.htm

2013年7月17日
ニフティ株式会社

不正なログインの発生について

弊社は、特定のIPアドレスからの不正なログインにより、@nifty会員向けの「お客様情報一覧」ページにて、お客様のご登録情報(以下、会員情報)が閲覧された可能性があることを確認いたしました。

1.経緯と被害状況について
・2013年7月16日(火)午前10時に、特定のIPアドレスからの「お客様情報一覧」ページへの不正なログインにより、会員情報が閲覧された可能性があることを確認し、調査を開始しました。

・不正なログインは、2013年7月14日(日)~16日(火)にかけて行われており、少なくとも21,184IDが対象となることが判明しました。現在、該当のIPアドレスからのアクセスを遮断しております。

・該当のお客様(21,184ID)には、明日(2013年7月18日(木))以降メールにて個別にご連絡し、パスワードを再設定していただくようご案内いたします。

・お客様のIDが今回の対象IDかどうかを確認するツールを会員サポートページ( http://support.nifty.com/support/ )で準備ができしだい公開する予定です。

現時点では、弊社からのIDとパスワードの漏えいは確認されておりません。今回の不正なログインは、何らかの手段で入手されたIDとパスワードを用いて行われたものと考えられます。


2.「お客様情報一覧」ページで閲覧された可能性のある会員情報について
ご契約のコースにより異なりますが、「氏名」「住所」「電話番号」「生年月日」「性別」「秘密の質問と回答」「ご契約状況」「ご利用料金」「メールアドレス」などの情報が閲覧された可能性があることを確認しております。
「クレジットカード情報」につきましては、情報の一部を保護(マスキング)した状態で表示しているため、決済手段としては利用できません。
現時点では会員情報などの改ざん、および有料サービスにおける不正利用は確認されておりませんが、継続して調査してまいります。


3.実施済みの対策について
不正なログインを行ったIPアドレスからのアクセスを遮断するとともに、同様の事象が発生しないよう監視体制を一層強化するなどの対策を行いました。


本件に関しまして、引き続き調査を進め、その結果は随時会員サポートページでご案内いたします。
○会員サポートページアドレス : http://support.nifty.com/support/

---------------以上引用---------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/19

Kindle Paperwhite 3G到着

  

 発売開始30分後に気付いてすぐ注文したので、最初の出荷ロットで到着。
 まだまだ手探り状態だけど、Koboよりははるかにインタフェースが良い。アマゾンのサイトへの接続、そちらのインタフェースも良くて、端末(Kindle)だけで完結できそう。ただ、読みやすいとはいえ、このサイズではそれなりの制限がある。ショックだったのは、Kindle for PCが日本国内では、(現時点では)使えないこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/10

新規PCを追加導入


届いたダンボールの中には、

新しいパソコン、Endeavor MR4300E。カスタマイズの自由度が高く、納期が短い、修理対応が良いということで、またまた今回もエプソンダイレクト

先日入手したSigma DP1 Merril、カメラ自体には十分満足なのだが、現像ソフトが前のPCの貧弱な力ではまともに動かない。ということで、写真専用マシンとして追加導入。うーん、カメラ買ったらパソコン買う羽目になるって言うのは、大人買いというのか、バカみたいに嵌まっていると言うのか…。
でも、ディスプレイキャリブレーションのハードは3台のパソコンにしかインストールできない制限があり、あまり買い換えを頻繁にはできない。また、フィルムスキャナNikon Super CoolScan 5000ED)も64ビット版Windows 7では動くようなので、8に切り替わる前の今のうちに手に入れておいたほうが安全そう、、、というのが言い訳。

CPUは(あまり良く知らないが、このモデルで一番良い)Core i7-3770K(3.5GHz)。OSは64ビット版Windows 7 Professional。
それでいて、128GB SSDと2GBメモリと貧弱。これは、別途お安く買った2TBのハードディスクを追加、および、32GBのメモリに変更する予定。それでも、前のPCの倍のお値段になってしまったお大尽マシン。がんばって最低でも5年は使う予定。
で、スイッチを入れる前に、メモリの交換、ハードディスクの追加をしようとしたら、SATAケーブルがないでやんの。あと、ディスプレイケーブルも足りない。うーむ、LANケーブルとかスイッチングHubとかキーボード切り替えスイッチとかは買ってあったのに…。で、結局、セッティングは明日以降。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/02

Nexus7入手

Nexus7入手

Nexus7入手

Nexus7入手

入手。数日前発送連絡が来たメールの販売者には「シンガポール」のGoogle Asia Pacific Pte. Ltd.と書いてあったけれど、貼られていた伝票では「香港」から送られてきた模様。本体裏側にはGoogleロゴと共に、ASUSのロゴがある。
それにしても、ネクサスと言えば、やはり映画「ブレード・ランナー」のレプリカントだよね。原作は、フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」(Do Androids Dream of Electric Sheep?)。
あの映画のアンドロイドはネクサス6型だったけれど、このアンドロイドはそれを超える「7」か~。
使用感などは後ほど…(書かないかも)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/07/20

Kobo入手

Kobo入手
楽天(ブックス)から昨日注文したブツが午前中に届く。

Kobo入手
中身はKobo Touch。4色あるうちのブラックを選ぶ。

Kobo入手
セットアップはPCにインストールしたKobo Desktop経由で行うのだが、社内ネットワークからは接続できず困る。
結局、このためにわざわざIS03にテザリング機能を追加し、IS03からのネットワーク接続でセットアップする。ただ、端末の機能更新(ファームのアップデート?)があり、無茶苦茶時間がかかる(試行錯誤を含めて、使えるようになるまで4時間!)。もしテザリングに追加課金されたらどうなるのだろう(一応大丈夫そうだけど…)。
社内ネットワークからうまくいかない原因は不明だけど、プロキシーのせいか、ファイヤーウォールで(ポートとかコマンドが)ブロックされているためなのか???(追記:7/23朝の時点では、社内ネットワークプロキシー経由でつながるようになっていました。システム側が対応したのか、混雑が原因だったのかは分かりません)

Kobo入手
以前手に入れたkindleと並べてみる。さすが3年の進歩という感じで、E-Inkのコントラストとかはかなり改善している。
本も一冊購入(これの原作)。実際の使用感などは、これから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/03

NAS更新


 このとき導入した2代目TeraStationも容量いっぱいまで使ってしまった。だいたい、500GBのIDEのHDD4個による最大容量1.5TBのRAID5ということ自体がもう時代遅れ。書き込みがすごく遅いし、最新のSATA HDDだと4TBの製品もある。
 ということで、QNAPの1HDDモデル、TS-119P IIを購入。HDDは付属しておらず外箱のみ。これに2TBのHDDを入れて、メインのメディアサーバー(ビデオ、iTune)として使って、3代目TeraStation(4.5TB、RAID5)をバックアップサーバーとして使う予定。
 この製品、Buffalo(旧メルコ)の製品よりも、口コミでは安定しているようだし、機能も豊富。ただし、自分自身で設定しなくてはいけないことが多いみたい。はたしてちゃんと動かすことができるだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/16

現在のオーディオ・ビジュアル環境

 リフォーム後のオーディオ・ビジュアル環境を、自分の備忘録を兼ねて簡単に紹介。★マークは今回導入機器。
 導入機器については、CSCの担当の方にこちらの希望を伝えて候補を挙げていただき選択。壁の補強や天井の穴開け、CD管の配管、電源などの施工は、CSCの指示でリフォーム業者が工事。スピーカーや機器などの設置、配線はリフォーム終了後、CSCの方に四人がかりで丸一日かけてやっていただきました。

↓ほぼ全景(iTunes管理PC、サラウンド、サラウンドバックスピーカーを除く)
現在のオーディオ構成

↓オーディオラック内の構成

現在のオーディオ構成
 上から、
・パイオニア PL-70LII (アナログプレイヤー)
・パナソニック DMR-BZT810 (BDレコーダー★)
・東芝 VARDIA RD-S600 (DVDレコーダー)
・山水 AU-D607F EXTRA (アナログアンプ、1982年から使い続けている)
・デノン AVR-3312 (AVアンプ★)
・ケンウッド KX-5010 (カセットデッキ)

※アナログプレイヤー(PL-70LII )とカセットデッキは、アナログアンプ(AU-D607F EXTRA)に接続。アナログアンプはスピーカー(4312MII WX)と直接つながっている以外に、RACケーブルを通じてAVアンプ(AVR-3312)とつながっている。これでレコードを7.1chで再生することも可能。
※AVアンプ(AVR-3312)と、BDレコーダー(DMR-BZT810)、DVDレコーダー(VARDIA RD-S600)、Windows 7パソコン(Inspiron Zino HD)、液晶テレビ(LC-37BE1W)はHDMIケーブルで接続。
iTunesを管理しているPC(Windows XP:写真には写っていない)からは、AirPlay機能を使って直接AVアンプ(AVR-3312)に出力している。これで以前使っていたUSBオーディオプロセッサ(ONKYO SE-U55X(S))が不要になった。
※VARDIA RD-S600は録り溜めた番組を見終わったら退役予定。KX-5010は現在修理に出しているAKAI GX-93が戻ってきたら交代予定。

↓フロント、センター、サブウーファー、PC、NAS、テレビ)
現在のオーディオ構成
・ビクター SX-LC33MK2 (センタースピーカー★)
・フォステックス CW200A (サブウーファー★)
・ビクター SX-L33 (AVアンプ接続フロントスピーカー)
・JBL 4312MII WX (アナログアンプ接続スピーカー★)
・デル Inspiron Zino HD (Windows 7パソコン、NAS内のmpeg2ビデオ再生とYouTube閲覧など★)
・バッファロー TeraStation Living 2台 (NAS(DLNAサーバー)、mpeg2ビデオデータ保管用)
・シャープ LC-37BE1W (液晶テレビ)

※液晶テレビは、もう少し値段がこなれてきたら60型ぐらいの壁直付けに変えたい。でも、いつになることやら。
※以前はTeraStation LivingのDLNAサーバー機能を使っていたけれど、現在はInspiron Zino HDの外部ディスクとしてしか使っていない。
※将来、Inspiron Zino HDとAVR-3312を使ってハイリゾ音源(96kHz/24bit)の再生にチャレンジするかも。でもLPレコードで十分かな。

↓サラウンド、サラウンドバックスピーカー
現在のオーディオ構成
・B&W CCM65 (サラウンドスピーカー(天井埋め込み)★)
・アンソニーギャロ マイクロサテライト (サラウンドバックスピーカー(壁付け)★)

※JBL 4312MII WX以外のスピーカーは、AVアンプに接続。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/25

フィルムスキャナーをやっと使い始める

 昨年春、品切れ直前に駆け込み購入したNikon SUPER COOLSCAN 5000 ED。どうしても必要なことがあり1回だけ使ったが、以前のパソコンやディスプレイでは力不足。元箱に入れたままだった。
 先日、パソコンとディスプレイを更新したので本格稼働させるべく、いろいろと努力と試行錯誤の最中。
 いくつかお試しでスキャンしたのだけど、DPE屋さんでのスキャンとかなり画質が違う。

【1】DPE店(カメラ太陽堂本店)でのスキャニング(フジカラーCD) 1840 x 1232ピクセル
※Exif情報によるとスキャナーは、Fujifilm SP-2000。
Like a Spaceship

【2】Nikon SUPER COOLSCAN 5000 EDでのスキャニング(初期設定状態) 5654 x 3691ピクセル
※【2】、【3】とも16ビット、Adobe RGBでスキャンしTIFF形式で保存。その後、Photoshop ElementでJPEG変換。
Like a Spaceship #00 (like_a_starship00.jpg)

 DPE店独自の設定もあるだろうから、フジカラーCDとの差が必ずこうなるというものではない。しかし、そうだとしても、

  1. DPE店でのスキャニングでは、コントラストと彩度がかなり高め。
  2. スキャニング範囲は、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 EDのほうが広い。DPE店のスキャンは右側の切れが激しい。

という大きな差がある。

 この写真、お気に入りなのだが、DPE店でスキャンした写真の色合いに慣れてしまった。
 ということで、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 EDのスキャン時の設定をいろいろといじって、DPE店と近くなるようにスキャンした画像が下。これくらいまで近づけるのに30分以上かかる。

【3】Nikon SUPER COOLSCAN 5000 EDでのスキャニング(設定変更後) 5654 x 3691ピクセル
※スキャナー付属のソフト(Nikon Scan)で、トーンカーブ、明るさ、コントラスト、色合いなどを調整後スキャン。
Like a Spaceship #01 (like_a_starship01.jpg)

 今回スキャンしたのは、比較的高めのカラーネガフィルム(フジカラーPro 400 (PN400N))。
 これをスキャンしていて気づいたことがいくつか。

  • ネガフィルムはポジフィルムと違って基準となるオリジナルがない。ポジの場合、ライトボックスで現物を見ながら色味を合わせられる。
  • ネガフィルムはラティチュードが驚くほど広い。暗いところから明るいところまでしっかり写る。スキャナーもそれを引き出す力がある。
  • スキャン時の設定次第で、できあがったときのイメージを大きく変更(修正)できる。
  • ただし、【3】の例ぐらいまで修正すると、ノイズ、偽色が目立つ。
  • 横5500ピクセル以上と驚くほど高精細。計算上は2000万画素のデジカメと同等。ただし実質的な解像度は2000万画素級のデジカメのほうが上か?
  • 上記のサイズで16ビット、Adobe RGB、TIFF形式で保存すると、1枚120Mバイト。容量的にはどうにかなるけれど、読み込み時間の長さ、画像処理負荷の高さなどで悩みそう。

 ラティチュードの広さと加工の自由度は、とても興味深い。時間をかけて試せば、いろいろなアウトプットが得られるので、設定遊びにはまってしまいそうだ。
 今後もカラーネガについては、DPE店でのスキャンは続ける予定だ。そのスキャン結果からめぼしい写真を絞り込み、それを自分で再スキャンしようと考えている。ただ、絞り込んだ写真だけとは言っても、かなりの時間がかかるのは間違いない。もはや、こんなアナログ、アナクロの時間食い遊びに熱中している暇はないのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧