« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の10件の記事

2013/07/31

喝!タルイバンド

喝!タルイバンド

喝!タルイバンド

詳細は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/28

アンダーグラウンド

Image

 エミール・クストリッツァ監督、1995年の作。カンヌ映画祭パルム・ドール。川崎さんから借りたBlu-rayでの鑑賞。
 うーん、映画館で観るべき作品だったな。自宅で観ると、地下の20年間のところの中だるみ感が強くなる。その前後は秀逸。また、その中間部分の長さ、中だるみ感、偽りが社会主義時代を象徴している気がする。ただ、解釈に悩むところも凄く多い。消化しきれていないところは多いけど、とにかく傑作であることだけは間違いない。
 全体として観るとアップテンポだし、音楽一杯だし、猥雑だしで素晴らしい。演技陣も全般に好演。そう最後、マルコとナタリアを処刑する将校はクリストリッツア自身が演じているんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/27

昼出で開平橋下まで

Photo_2

 12時スタート。ガーミンの示す温度は31~32℃ぐらい。日が差していないときは楽だが、日が差すと暑さが堪える。オーバーヒートにならないように抑え気味、160bpmぐらいの負荷で進む。
 指扇踏切を越えて、さてどうしようかと考えたところで、上江橋下から自転車乗りがこちらに来る。最近こちらの荒川左岸側に向かう人も多いようなので、そちら側に行ってみる。左岸のゴルフ場の外側の堤防の上を走る自転車道のよう。でも、途中からは自動車も走れる道になるし、さらに細い一般道となるし、ごちゃごちゃした感じになる。ちょっとうろうろ走って、開平橋下まで到着し、ここで写真を撮って、河川敷のゴルフ場脇の道を折り返す。
 帰りは向かい風。さらに日が差して気温も上がり辛くなる。あちらこちらには入道雲。あと一、二時間で夕立かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/21

映画:ある子供

映画:ある子供

自宅でレンタルDVD鑑賞。
ダルデンヌ兄弟、2005年の作品。カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。
良い作品ではあるけど、観た後に心に残る印象は「少年と自転車」のほうが良かったかな。
主演のジェレミー・レニエは、「ロルナの祈り」で麻薬中毒患者役で出てたなって調べたら、「少年と自転車」の父親役、さらに「イゴールの約束」のイゴール役でもあったんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/20

タイヤ交換

タイヤ交換

ミシュラン プロ3からプロ4に。
前に換えたのがいつか思い出せない(ので今回は備忘録を兼ねてアップ)。タイヤの摩耗よりも、(ミシュランで良くある)経年劣化で細かいヒビが入って来たので早めに交換。
次にタイヤ交換するのは2000kmぐらい走ったあたりかな。今のペースだと一年後かも。その時はチェーンも一緒に交換する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は太郎右衛門橋まで

今日は太郎右衛門橋まで
あまり暑くないので助かる。
---------------------

昨晩もツールを最後まで見たので早起き不能。でも、7時半に目が覚め8時半には出かける。こんなに早く出たのはいつ以来だろう。先週までの暑さはおさまり、走りやすい気候。でも先週走っていないこともあり脚は回らない。心拍的には余裕があるのだが、脚がすぐにだるくなってくる。後の用事もあることだし無理しては、、、なんていう言い訳が頭をよぎり、結局太郎右衛門橋で折りかえす。帰りは、彩湖でRX-100で少し撮影の道草。で、2時間半の練習とは決して言えないサイクリングは終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/18

ニフティでの「不正なログインの発生について」について思う

発生の原因が、はっきりしないけどニフティ自体のユーザーDBがクラッキングされたということではないみたい。
でも、ニフティのIDってかんたんに推測できるし(英字3文字+数字5文字)、辞書攻撃でもされたのかな。
いずれにしろ、特定IPからの攻撃で、「2013年7月14日(日)~16日(火)にかけて行われており、少なくとも21,184ID」となるまで遮断できなかったことは、お粗末としか言いようがない。また、かんたんに推測できるログインIDを残していること自体にも疑問を感じる。
もう20年ぐらい、ずっとニフティをメインに使っていたけど、連絡用メールアドレスとブログだけ残して他に乗り換えることを検討してみようかな。

---------------以下引用---------------
http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/130717004246/1.htm

2013年7月17日
ニフティ株式会社

不正なログインの発生について

弊社は、特定のIPアドレスからの不正なログインにより、@nifty会員向けの「お客様情報一覧」ページにて、お客様のご登録情報(以下、会員情報)が閲覧された可能性があることを確認いたしました。

1.経緯と被害状況について
・2013年7月16日(火)午前10時に、特定のIPアドレスからの「お客様情報一覧」ページへの不正なログインにより、会員情報が閲覧された可能性があることを確認し、調査を開始しました。

・不正なログインは、2013年7月14日(日)~16日(火)にかけて行われており、少なくとも21,184IDが対象となることが判明しました。現在、該当のIPアドレスからのアクセスを遮断しております。

・該当のお客様(21,184ID)には、明日(2013年7月18日(木))以降メールにて個別にご連絡し、パスワードを再設定していただくようご案内いたします。

・お客様のIDが今回の対象IDかどうかを確認するツールを会員サポートページ( http://support.nifty.com/support/ )で準備ができしだい公開する予定です。

現時点では、弊社からのIDとパスワードの漏えいは確認されておりません。今回の不正なログインは、何らかの手段で入手されたIDとパスワードを用いて行われたものと考えられます。


2.「お客様情報一覧」ページで閲覧された可能性のある会員情報について
ご契約のコースにより異なりますが、「氏名」「住所」「電話番号」「生年月日」「性別」「秘密の質問と回答」「ご契約状況」「ご利用料金」「メールアドレス」などの情報が閲覧された可能性があることを確認しております。
「クレジットカード情報」につきましては、情報の一部を保護(マスキング)した状態で表示しているため、決済手段としては利用できません。
現時点では会員情報などの改ざん、および有料サービスにおける不正利用は確認されておりませんが、継続して調査してまいります。


3.実施済みの対策について
不正なログインを行ったIPアドレスからのアクセスを遮断するとともに、同様の事象が発生しないよう監視体制を一層強化するなどの対策を行いました。


本件に関しまして、引き続き調査を進め、その結果は随時会員サポートページでご案内いたします。
○会員サポートページアドレス : http://support.nifty.com/support/

---------------以上引用---------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/14

SONY DSC-RX100を入手

SONY DSC-RX100

 (よせば良いのに)SIGMA DP1 MerrillLUMIX DMC-G5W-Kに続いて、この一年で3台目のデジカメ購入(お馬鹿)。

 入手したのは、SONY DSC-RX100
 ソニー、、、については以前、こんなことを書いた。その禁を破って20~25年ぶりのソニー製品購入。

SONY DSC-RX100

 SIGMA DP1 Merrillを常用カメラとして使っていたけど、自転車ジャージの背ポケットには少し大き過ぎるし、暗い環境に弱いしズームもないし、癖がありすぎる。とても良いカメラではあるけど、お手軽なお散歩カメラの用途からはちょっと外れた感じ。
 ということで、価格comでの評判も良いDSC-RX100が、最近改良型のDSC-RX100M2が出てお安くなってきたので、自転車ジャージの背中に入れるカメラ、常日頃持ち歩くカメラとして購入。

 ソニー製品だからどれだけ持つか分からないけど(←品質に対する不信感強し)、消耗品感覚で使うつもりなので良しとします。

SONY DSC-RX100 SONY DSC-RX100

 まだ使い込んでいないので、使用感・画質などについては何も言えない。でも、鏡筒部の繰り出しの長さには驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/07

開平橋まで夕立ライド

開平橋まで夕立ライド

開平橋まで夕立ライド

ここは晴れてるけど、途中で降られた。綺麗な虹が見える。帰りの方向からは雷鳴。夏ざます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/06

映画:少年と自転車

レンタル屋でBlu-rayを借りて再見。やはり素晴らしい作品。2回観てもまったく飽きないし、いろいろなところが緻密に作ってあるところに驚く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »