« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の38件の記事

2013/04/30

宮本の湯の夕食

宮本の湯

宮本の湯

宮本の湯

雁坂トンネルを通って秩父側に抜けて、小鹿野の宿に。元相撲取りがやっている宿とのことで、化粧まわしをつけた写真が飾ってある。
部屋は十分な広さ。ちょっと畳が古いけど、清潔で快適。夕食は、囲炉裏で焼いた鮎と鶏肉が絶品。他の品も美味しく、たいへん満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば 三幸

中華そば 三幸

ミューズ舘を出てすぐのラーメン屋に入る。古い中華そばって感じで、普通に美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河口湖ミューズ舘

河口湖ミューズ舘

Image_4

与勇輝の常設展が予想外に良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河口湖六角堂

河口湖六角堂

湖の水位が低く陸続き。通常は行くことのできないお堂に行ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅すばしり

Image_2_1

雨ざんす。
箱根側は雨、しかし山を越えて富士五湖側に出ると降っていなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおたいら二日目の朝食

おおたいら二日目の朝食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/29

おおたいら二日目の夕食

おおたいら二日目の夕食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彫刻の森美術館

彫刻の森美術館

来たのは20年ぶりぐらい。だいぶ展示も変わっている気がするけど記憶があいまい。ヘンリー・ムーア、少ししかなかったけれどジャコメッティが良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈可むら

奈可むら

彫刻の森駅の前の蕎麦屋。(蕎麦つゆは少し醤油っぽいけど)予想外なことに、なかなか美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根登山電車

Image_9

強羅で箱根登山電車に乗り換え、ひと駅さきの彫刻の森に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーブルカー

Image_8

早雲山でロープウェイからケーブルカーに乗り換えて、強羅に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロープウェイで早雲山に

Image_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大涌谷

大涌谷

なんで皆、そんなにゆで卵食べるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロープウェイ

Image_5

桃源台駅から大涌谷までロープウェイで。
異様にシステマチックかつメカニカルで、近未来の乗り物に乗っている感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び海賊船

Image_4_1

元箱根から桃源台まで再び海賊船に乗る。
この船は3月就航の新造船らしい。
このデカイ船をどうやってこの閉鎖された湖に持ってくるのか不思議だったのだけど、インターネットにはそういう質問への答も載っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元箱根

元箱根

 箱根町港から元箱根まで杉並木を歩く。直径2mもあろうかという巨木の連続に驚く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海賊船

Image_2_2

宿から桃源台まで車で移動して、駐車場に車を置いて、夕方まで他の交通機関で移動する。
海賊船・ケーブルカー共通の一日乗車券を買い、まずは海賊船で箱根町まで移動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおたいらの朝食

おおたいらの朝食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/28

おおたいらの夕食

おおたいらの夕食

職場の健康保険組合の宿に泊まる。一泊二食付き6000円という考えられないお値段。部屋も広くて清潔、食事はまあまあ程度だけど、お酒も安くてかなり満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧天城トンネル

旧天城トンネル

趣のある古いトンネル。でも普通に車で通ることができる。ただしすれ違いはかなり難しそう。こんなところを昔は通っていたんだね、、、ってこのトンネルができる前は、完全な山越えだったんだろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

竹安

竹安

竹安

河津から天城街道に入ってすぐの手打ち蕎麦の店。ざる蕎麦とおろし蕎麦。お味は今一つか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堂ヶ島

堂ヶ島

町営駐車場(無料)に車を止めて、観光船で湾内を見物。
その後、干潮時に歩いて渡れる三四郎島に行く。足場が悪く、ちょっと辛かったけど、島まで歩く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンションGABの朝食

ペンションGABの昼食

たくさん過ぎて完食できず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/27

ペンションガブ

ペンションガブ

ペンションガブ

ペンションガブ

黄金崎直近のペンションに泊まる。部屋はそこそこだけど食事は絶品。
七輪で焼く海の幸、山の幸、焼きおにぎり、そして刺身が超美味。そのなかでも、イカのくちばしの串焼きは、初めて食べたけど美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金崎

Image_2_2

黄金崎

東名を沼津ICで降りて、バイパスを通り、国道136号に入る。以前は修善寺のCSCに来るのによく使った道。でも、そちらには向かわず、高校生時代にキャンプした大瀬崎に立ち寄り、そのまま南に。大瀬崎は完全なダイビング客用のスポットになっていて驚く。で、黄金崎のペンションにチェックインした後、宿近くの黄金崎まで歩いて行って、日の入りを堪能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海老名御膳

海老名御膳

海老名SAで昼食。高速道路渋滞情報を見ると、混んでいるのはこの近辺だけみたい。

前日も遅かったし、渋滞予測を見ると午前中のほうが混むようだったので、ゆっくり起きて10:30に出発。町田前後から少し混んできたので、渋滞解消を待つ意味も含めて海老名SAで休憩。チェーンの海鮮三崎港のレストランに入り、海老名御膳をいただく。まあ普通のお味。普通においしくいただく。食べ終わってSAを出てみると渋滞は解消。ちょっと雲はかかっているけど、今日は富士山も見えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/23

Rite Time / Can

P1020321

 Canとその関連アルバム収集の(さしあたって?)最後を飾るのは、Rite Time。Can (Inner Space) の10年後の1989のリリース。ただしこの本によれば、1986年に録音されて、1988年にミックスダウンされて、1989年に発売になったとのこと。
 CD時代のリリースだからLPの流通量も少ないようで、eBayにはまったく出品されない。いろいろ探していたらgemmという中古音楽の一大Web市場の存在を知り、そこにイギリスから出品されていた盤質良好(mint)のものを入手。で、到着したものはノイズだらけ。でもノイズの原因は汚れのようだったので、いつものように洗ったら、あら新品同様レベルまで盤質向上でホッとする。

 このアルバムには初代ボーカルのマルコム・ムーニーが参加している。以前からCDは持っていて、良く聴いていたし、気に入っていたのだけど、レコードで聴き直したら粗が目立つ。マルコム・ムーニーには以前のパワーがなく、素人臭さが目立つ。全体には洗練されたアレンジは感じるけど、Canらしい独特の癖も少ない気がする。とは言っても、Can (Inner Space) よりは、はるかに良い出来なのだが…。
 この後のCanとしての活動は、ヴィム・ヴェンダースの「夢の涯てまでも (Until the End of the World)」に提供した1曲だけなのかな。まあ最後飾るアルバムとしては、なんとなく収まりの良いサヨナラ感は感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/20

今日は治水橋まで

Image

 昨日も深酒、さらに最近の業爆でお疲れモードなのもあり11時過ぎ起床。肩も痛いし、喉も痛いしって、走りたくない気持ちを正当化する理由ばかりが頭に浮かぶ。でも、明日は一日雨予報、さらに来週は乗れない見込みなので走るしかないでしょう。

 で、だらだらと準備し、真冬の装束で14:30出発。夕から雨予報なので、一応レインテイルも付ける。レインジャケットは、、、とうの昔に劣化でだめになってしまったので、雨よけはウィンドブレイカーのみ。
 家を出てみると、すでにほんの少しだけでパラパラ来ている。でも本当に少しの降りで、まったく問題なく進んで行くが、秋ヶ瀬公園を過ぎたあたりから弱い雨が普通に降っている感じになる。だんだん路面も濡れてきたし、ガーミンが示す気温も6℃を切ってきた。ということで、最短でも指扇踏切までと思っていた折り返し地点を、治水橋に短縮。

 雨は帰りの途中のどこかで止むだろうと思っていたら、結局最後まで降っていた。ただ、あまり雨脚が強くなく、びしょ濡れっていう感じにはならなかった。それでも帰宅後は、手足が冷たさで痛くなる。
 それにしても、30km、1時間半では、最近体の鈍った私でも短すぎる。仕方ないから、明日はローラーかな~(おそらくやらない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/19

Movies / Holger Czukay

P1020319

 Can関連アルバム収集も佳境。こちらは、Holger CzukayのソロアルバムMovies。なんといっても、サントリーの宣伝に使われたPersian Love(ペルシアン・ラブ)が最高、、、というかそれ目的で入手したアルバム。

 eBayでそこそこのお値段でMintという触れ込みのものを入手したがノイズ多数。洗ったら少し好転したけど、B面一曲目のペルシアン・ラブのイントロ部分に少しノイズが残ったのが残念。
 実はこのアルバム、サントリーのCMの曲が気に入ったので、リリース直後の大学生時代に入手したことがある。その当時、荒木くんにCanのベスト盤(Cannibalism)をカセットテープにダビングしてもらったことはあったけれど、Canのメンバーなどについてはそれほど詳しくもなく、HOLGER CZUKAYがCanのメンバーだったことも知らなかったと思う。で、LP手に入れたは良いけど、民族音楽的なムードが魅力で入手したので、他の曲は全然だめで、結局友人に譲ってしまった。
 で、30年ぶりに再入手して聴いてみると、HOLGER CZUKAYの音に慣れてしまったこともあり、アルバム全体も楽しく聴ける。うーん、聴く側の自分の変化をしみじみと感じてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/16

現在のオーディオ・ビジュアル環境(2013年4月版)

 リフォーム直後に紹介したオーディオ・ビジュアル環境から、いくつか変更したので、自分の備忘録を兼ねて簡単に紹介(←ほとんど自己満足)。★マークは前回から変更となった機器。
 液晶テレビの壁直付けは、リフォーム時にお願いしたCSCの方に再びお願いした。他の機器類の導入、交換などは自分で行った。

↓ほぼ全景(iTunes管理PC、TS-119P II、サラウンド、サラウンドバックスピーカーを除く)
P1020317_3

↓オーディオラック内の構成
P1020219
 上から、
・パイオニア PL-70LII (アナログプレイヤー)
・東芝 REGZAブルーレイ DBR-Z260 (BDレコーダー、2013/4導入★)
・パナソニック DMR-BZT810 (BDレコーダー)
・山水 AU-D607F EXTRA (アナログアンプ)
・デノン AVR-3312 (AVアンプ)
・ラックスマン スピーカーセレクター AS-5III (スピーカー切替機、2012/4導入★)
AKAI GX-93 (カセットデッキ、2011/12修理完了★)

↓フロント、センター、サブウーファー、PC、NAS、テレビ)
P1020227
※写真を撮る自分の姿が映っていて恥ずかしい。

・AQUOS クアトロン 3D LC-60L5 (液晶テレビ、AN-52AG6で壁直付け、2012/4導入★)
・ビクター SX-LC33MK2 (センタースピーカー)
・フォステックス CW200A (サブウーファー)
・ビクター SX-L33 (AVアンプ接続フロントスピーカー)
・JBL 4312MII WX (アナログアンプ接続スピーカー)
・デル Inspiron Zino HD (Windows 7パソコン、NAS(TS-119P II)内のmpeg2ビデオ再生とYouTube閲覧)
WH2711KBP まごの手式フットスイッチ (サブウーファーとWi-Fiルーターの電源オンオフに使用、2012/4導入★)
・バッファロー TeraStation Living 1台 (NAS、もう1台は退役、残ったこちらもバックアップ専用★)
Wi-Fi HOME SPOT CUBE (auがタダで貸してくれるWi-Fiルーター、AVR-3312の操作にも利用★)

※TS-119P IIは、別室に設置してあり、デル Inspiron Zino HDの外部ディスクとしてビデオ再生に利用(テレビのDLNAサーバーとしては今一つ操作性・動作が良くない★)。

↓サラウンド、サラウンドバックスピーカーなどは変更なし(前の写真を流用)。
現在のオーディオ構成

・B&W CCM65 (サラウンドスピーカー(天井埋め込み))
・アンソニーギャロ マイクロサテライト (サラウンドバックスピーカー(壁付け))

※JBL 4312MII WXはAU-D607F EXTRAに接続。マイクロサテライトはスピーカー切替機でAU-D607F EXTRA、AVR-3312のどちらからも出せるように変更。他のスピーカーは、AVアンプのみに接続。

※今後の課題は、①CW200A (サブウーファー)をAU-D607F EXTRAにも繋いで共用。②JBL 4312MII WXをスピーカー切替機に繋ぎ2台のアンプで共用し、ビクター SX-LC33MK2の置き位置を上げてフロントハイにして9.1chにすることかな。でもCD管の中に新たなケーブルを通す必要があり、ちょっと難易度高そう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/04/14

Organ Jazz倶楽部

Organ Jazz倶楽部
内池さんのライブに行く。皆上手いけれど、特にドラムが印象に残る。

ジャズのライブハウスに行くのって、何年ぶりだろう。良い演奏で楽しい時間を過ごさせてもらった。ありがとう。
ハービー・ハンコック、ミルトン・ナシメント、アントニオ・カルロス・ジョビンあたりという私でも知っているミュージシャンの曲も混ざっているし、前衛バリバリな演奏ではなく、聴きやすくて助かる。
演奏陣は皆巧者揃い。内池さんのペットも良いが、リーダーということもあり、まとめる方向での演奏なのか、ちょっとこぢんまりした感があったかな。できればこれを最後とせず、ミスがあってもいいから次は爆発的な演奏を聴かせてほしい。

内池 裕治tp flg.h
猪又 等gt
渡辺 大造p
蛯子 健太郎b
鈴木 梨花子ds

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/13

本日も遅出

Sdim1054_2

 昨日の深酒で二日酔い。午後になり少し調子が戻ってきたので、14:45から走り始める。
 午前中は風も弱かったようだが、そこそこの追い風。でも調子がいまいちなのでスピードは出せない。たらたら走り、いろいろな人に追い抜かれながらも、本日も淡々と走り続け、太郎右衛門橋まできてDP-1 Merrillで撮影(iPhone忘れた)。
 で、折り返すが、、、当然向かい風。うーむ辛い。24~27km/hぐらいのスピード、150~160bpmの負荷で走り続ける。往路、道満(彩湖)ではマラソン大会をやっていたが、帰りの時間でも走っている人がいる。調べるとこんなイベントだったみたい。でも、帰りに見かけた人たちは苦行って感じだったな~。
 そんなこんなで、17:30に無事帰還。で、シャワーも浴びず、ボートコースの日没を撮りに行く。ちょうどこの時期(ベストは先週あたりなんだけど)、ボートコースの延長線上に日が沈むんだよね。

Sunset of Boatcourse
※本日採取の一枚↑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/11

The Peel Sessions / Can

 eBayでは見つからず、いろいろ探してAmazon USのサイトへの出品で発見。しかし、海外発送オプションがない。でもどうしても欲しかったので、出品者に日本送付をお願いし、叶えてもらって入手できた品。
 はっきりしないのだけど、これはジャケ違いの再発盤らしい。元は1995年のリリース。再発の際に2枚組に増やされているのかしら。ちょっとこのあたりの情報は不足気味。

 内容的には、1973年、74年、75年に収録されたBBCでのセッション。でも、3年、3回のセッションでこれだけの音源しか残っていないわけはないので、まだまだ未発表音源はありそう。

 1枚目のみにダモ鈴木のボーカルが入る。残りはボーカルなしで、ジャムセッション的な雰囲気が強い。聴き慣れたアルバムからの曲もあるけど、ボーカルがない演奏が続くとちょっと寂しさを感じてしまう。そうは言っても、全体としてみれば演奏レベル、録音の質も高く満足の一枚ではあるのだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/08

Unlimited Editions / Can


 この前紹介したLimited Editionと同一の内容の1枚に、さらに別の1枚の未発表録音を加えて2枚組にしたもの。つまりこちらさえあれば、Limited Editionは不要なんだな。ははは、入手するまで知らなかったよ。
 Limited Editionは再発盤の新品だったけど、こちらは再発盤は出回っていないようで、中古盤をeBayで80ドルの大枚はたいて入手。
 2枚目のほうは、Limited Editionと同一の1枚目に比べて、実験的な音の度合いが高いというか、未完成度合いが少し高い感じ。でも音質も良いし、演奏はCanらしいし、ジャケも格好いいし、、、ということで、まあ良いことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/07

今日も夕から少しだけ走る

Image_3

 朝から暴風でとても自転車に乗れる感じではない。15時近くなってきたら少しおさまってきたので、準備をして15:45スタート。市街地はたいした風ではなかったが、河川敷に出るとそこそこの強さ。それも向かい風だし、ところによっては風が回っている感じで怖い。スピードも出ず、たらたら走り今日も指扇踏切で折り返し。空気も澄んで、光もいっぱい、iPhone 5の彩度の高いカメラもあって、ビビッドな写真になる。
 帰りは追い風、ところによっては35~40km/hぐらいになってしまう。で、短いながらもそこそこ疲労して無事帰宅なり。
 2カ月前に痛めた左手首の状態はだいぶ良くなってきたけど、現在、右肩が強烈な五十肩。でも自転車には、あまり支障なく乗れることが分かったので、来週も乗るかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/04/06

REGZAブルーレイ DBR-Z260

 ビックカメラからREGZAブルーレイ DBR-Z260が到着。ビニールテープでの結束はしていたけれど、本体の箱に宅急便の伝票を貼り付けただけの簡易梱包。

Image_2

 リフォームの際に、ブルーレイ対応のパナソニックのレコーダーDMR-BZT810を導入した。
 HDD系のレコーダーは、2004年のRD-XS36(退役)、2007年のRD-S600(退役)と東芝を2台使い続けてきた。操作にも慣れていたし高機能で良かったのだけど、東芝のレコーダーはモデルによる当たり外れが無茶苦茶激しい。リフォームの2011年秋頃の東芝のレコーダーで評判の良い(トラブルの少ない)モデルがなかったことがパナに浮気した原因。

 しかし、1年半使ってみてDMR-BZT810にはどうも満足がいかない。まず、編集機能が圧倒的に劣る。さらにリモコンのタッチパッドでの誤操作が多いこと、録画した番組を自分で仕分けることのできるフォルダ機能がないことなど、不満連発。
 「ああ、やはり東芝機が良いな~」って思っていたら、なんと、東芝がずっと出してきたRD系列のモデルが終了となり、フナイからのOEMになったということを知る。大ショック。

 ということで、RDの系譜の最後のモデルと言われ、価格コムでの評価も悪くないREGZAブルーレイ DBR-Z260を、遅ればせながら今頃入手。ビックカメラのオンラインショッピングで消費税込みで59,800円。品薄で最安値の時期を超えてしまい、若干高めだけどポイント10%付いたので、まあ許せるレベルかな。

Image_1

 まだ、使い込んでいないけど、RD-S600までの操作性は維持されているようで、あまり悩まず使うことができる。これでトラブルがなく、さらにTwonky Beamを使って番組持ち出しができれば、もう何も言うことはないので、いろいろトライしたけど、ちょっと無理なのかな(DMR-BZT810はNexsu 7に持ち出しできるのに…)。
 まあ、当面は2台併用するけれど、こちらで普通に運用できるようになったら、今までで一番使用期間が短いレコーダーになるかもしれないDMR-BZT810にサヨナラするかも。

 長期保証にも入ったし、安定して動作してくれるなら5年は使い続けたい。その5年先には、、、もうRD系のレコーダーはないはずなので、また機器選びやサービス選択に悩むのだろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/04/05

Limited Edition / Can

 こちらの本によれば、「1974年、英国ユナイテッド・アーティスツは『限定盤』なる未発表録音集をタイトル通り15000枚だけ限定発売し、97ペンスという低価格で市場に送り込んで、グループの知名度・流通上の向上を図ろうとした」って書いてある。その15000枚のうちの1枚、、、ではなくて、再発盤の新品をeBayで32ドルで入手。
 同じ本によれば、1968年から1975年のあいだの未発表録音集のよう。
 発表するために完成させた曲ではなく、練習中のセッションのようなものもあるけど十分聴けるレベルで、Canらしさいっぱいの音で嬉しいアルバム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/02

スカパーでJ Sports 1~4のセットを契約

 4/1の19時にスカパーに電話して再加入の申し込みをする。J Sports 1~4のセットで2,400円+基本料金410円で、計2,810円が翌月から課金される。
 で、早速4/1の21:00からのロンド・ファン・フラーンデレン(ツール・ド・フランドルって呼ぶほうが馴染みある)の再放送を録画。

Image
↑なんとボーネン落車!

 これで5、6、7月の3カ月だけ契約して、7月いっぱいで解約予定。でも、チューナーをレンタルしていない(プレミアムではない)BS放送(BS242~245)での契約なので、解約しても違約金の支払いもないし、1年以内に再加入すれば、通常はかかる加入料(2,940円)も免除。だからまた来年の4月になったら再加入するつもり。

 ということで年間8,430円で、春のクラシック、ジロ、ツールあたりまでが、だいたい観られるという計算。以前は、CATVで基本契約プラスJ Sportsオプションで毎月6,000円前後、年間7万円以上かかっていたことを考えると、はるかにリーズナブルな運用になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »