« なんと! | トップページ | 10/27:昼出で少しだけ走る »

2012/10/25

アームストロングのこと

ちょっと遅れてだけど、ランス・アームストロングのドーピング認定、タイトル剥奪に関して少しだけ書きます。

・前にも似たようなこと書いたけど、ドーピングは自転車競技の敵です。罪を犯した人はその償いをしなくてはいけない。それは偉大な結果を残したランスでも一緒。

・と、同時に、グレッグ・レモンより後の時代(からこの2、3年前までの)のチャンピオンクラスの選手は、皆の多くは、エポ(および自己血輸血)に染まっていた可能性が高いと思う。それを告白した選手は、わずかだけ。
※一部訂正:「皆」ではなかったと思います。2004年ジロのクネゴ、この何年も好成績を上げているエヴァンス、他にもドーピングせずに超一流の選手はかなりいると信じています。

・また、CyclingTimeの記事のとおり、UCIが被害者面するのは絶対おかしい。ランスの件でもコンタドールの件でも、彼らは共犯。ランスだけがスケープゴートになってお仕舞いではないはずだ。

・そして、ランスに虐げられた、クリストフ・バッソンとかグレッグ・レモンとかの名誉回復があるべき。でも、どういうかたちが名誉回復になるかは、、、まったく分からない。

|

« なんと! | トップページ | 10/27:昼出で少しだけ走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54820/55968812

この記事へのトラックバック一覧です: アームストロングのこと:

« なんと! | トップページ | 10/27:昼出で少しだけ走る »