« 映画:タクシードライバー | トップページ | 映画:海炭市叙景/八日目の蝉 »

2011/09/03

祈年 手打茶寮

祈年 手打茶寮

映画の後、西麻布の蕎麦屋に入る。何種類かあるようだが、「定番のもり(麺は粗目挽き)」にしてみる。大盛り1400円也(普通で950円)と高め。
ていねいに作ってある感じだけど、なにか足りない感じ。くっきり感というかパンチが足りないというか…。悪くはないのだけど、ちょっと物足りない感じ。

|

« 映画:タクシードライバー | トップページ | 映画:海炭市叙景/八日目の蝉 »

コメント

蕎麦に目覚めて(?)まだ日が浅いワタクシです。
”粗塩を少量つけて”という食べ方が、
怪しい舌ではありますけど、蕎麦の匂いが
鼻からどひゃ~と抜ける気がして気に入ってます。

投稿: た | 2011/09/05 16:16

今度こちらに来たときには、松翁行きましょう。
私も有名店に行ったときは、まずちょっとだけつゆを付けずにそのまま食べます。粗塩があればもっと良さそうだけど、「塩出してくれ!」って言いにくい店ばかり。

投稿: ひゅ~ず | 2011/09/06 08:18

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈年 手打茶寮:

« 映画:タクシードライバー | トップページ | 映画:海炭市叙景/八日目の蝉 »