« コンタドールの処分が取り消しに! | トップページ | 凹レンズ、黄レンズ »

2011/02/17

audio-technica AT6180を入手

 プレイヤーの回転チェック用のツールaudio-technica AT6180を入手。蛍光灯の点滅(50Hz、60Hz)によって、回転チェックをできる優れもの。33回転、45回転両方のチェックもできる。つまり4つの輪は2種類の周波数、2種類の回転に対応したもの。

 で、早速 PL-70LIIに乗せて調べてみたけれど、しっかり安定。うーむ、回転ムラが出ていた(ただしロックランプは点灯していた)PL-30LIIで使ってみたかった。残念。
 これ優れもののグッズだけど、インバーター式蛍光灯やLEDでは使えない。もしかすると今年予定しているリフォーム後には使えないかもしれない。

|

« コンタドールの処分が取り消しに! | トップページ | 凹レンズ、黄レンズ »

コメント

ポータブルストロボスコープお貸しできます。

投稿: amat | 2011/02/18 12:21

必要になったときにはよろしくお願いします。でも、なんでポータブルストロボスコープをお持ちなんですか?

投稿: ひゅ~ず | 2011/02/18 13:10

1kHz程度のテストサイン波の入ったテストレコードとフリーソフトのFFTアナライザーを使うてもあります。この組み合わせだとトーンアームのfoによる混変調も観測出来ますよ。

投稿: か退院 | 2011/02/18 22:37

実は、オーディオ(プレイヤー)テスト用のレコードは既に入手済みだったりします。でもまだ未開封。
で、「トーンアームのfoによる混変調」ですか…。うーむ、どんどんマニアックな方向に行きつつあるけれど、私の根気の問題で途中で投げ出すこと間違いない。

投稿: ひゅ~ず | 2011/02/19 12:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: audio-technica AT6180を入手:

« コンタドールの処分が取り消しに! | トップページ | 凹レンズ、黄レンズ »