« 水準器を入手 | トップページ | 映画:ボッカチオ'70<完全版> »

2011/02/09

ゼロダスト・スタイラスチップ・クリーナーを入手

 ネットの一部で評判が良かったのでオーディオユニオンの通販で入手。使ってみると、確かに針近辺のホコリはとれているみたい。でも、付属ルーペの拡大率が今一つなので、針先の詳細な状態は分からない。普通のクリーナーと音の差は、、、私には分かりません。ただ、溶剤系クリーナーは、針先の接着への影響が心配なのは確か。
 以前、レイカドクタースタイラスで、止めたほうが良いとアドバイスされたけれど、こんなものに手を出してしまいました。とほほ。でも、レイカの値段の1/10程度なので良しとしましょう(自己弁護)。

 それにしても、ハイエンド系オーディオって、超能力かと思うような(私には信じられない)聴き分けとか、ウソだろって思うような眉唾ものとか、キッチュな製品とかが多くて困る。さらにそういうものほど高かったり…。自転車パーツにも似たところはあるけれど、もう少し実利がはっきりしいる。

|

« 水準器を入手 | トップページ | 映画:ボッカチオ'70<完全版> »

コメント

これは面白そうですね。溶剤系はカンチレバーのパイプの中に毛細管現象で液が入って、中々抜けないと言う話もありますし。

プレーヤーキャビネットに SEV 貼付けて SEV化してみますか。音質が劇的に向上する事間違い無し

投稿: か退院 | 2011/02/09 22:21

あははは、SEVですか。一時期ゴルファーに人気だったライマブレスレットってあまり見なくなったし、SEVも10年後に使っている人、皆無でしょうね。

投稿: ひゅ~ず | 2011/02/10 07:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロダスト・スタイラスチップ・クリーナーを入手:

« 水準器を入手 | トップページ | 映画:ボッカチオ'70<完全版> »