« Small Craft On A Milk Sea LIMITED EDITION BOXSET/Brian Eno | トップページ | 1/30:夕ローラー »

2011/01/29

大人は、かく戦えり

 11歳の息子が仲間を棒で殴って怪我をさせた。被害者の親夫婦(大竹しのぶ・段田安則)のところに謝りに来た加害者の親夫婦(秋山菜津子・高橋克実) 。二人の夫婦が織りなすドラマ。上辺だけの儀礼的なやりとりは、いつしか本音むき出しのやりとり、さらに夫婦間の争いまでが明らかになっていく。 
 演技力、それを越えた魅力を発揮できる凄腕の俳優四人という、とてつもなく美味しい組み合わせ。その中でも秋山菜津子は、演技力と魅力でファンなのだが、この演劇では他の三人が強すぎて喰われてしまっている感じ。
 非常に盛り上がりを見せた展開だが、終わり方はあっさり。まあ、ここまで大げさな展開をしてしまった後の適切な締め方など見つけられないかも知れない。エンディングはちょっと物足りなかったが、そんなことを吹き飛ばしてしまう面白さだった。

|

« Small Craft On A Milk Sea LIMITED EDITION BOXSET/Brian Eno | トップページ | 1/30:夕ローラー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人は、かく戦えり:

« Small Craft On A Milk Sea LIMITED EDITION BOXSET/Brian Eno | トップページ | 1/30:夕ローラー »