« 久しぶりにレコードを入手 | トップページ | 映画:ロベレ将軍 »

2011/01/16

映画:フェリーニの道化師

フェリーニの道化師

★★☆☆☆
 過ぎ去りし時代のサーカスと道化師に対するオマージュ。その素晴らしさと去ってしまった存在の哀愁は伝わってくるが、全体としては今一つの出来か。ドキュメンタリーと劇映画の中間的な色合い。ただ、道化師の説明について観るものが理解できるような構成にはなっていない感じで、消化不良気味。監督の自己満足的なところを強く感じてしまう。

 今回の特集のチラシやWeb広告には、「~スクリーンで味わう名作~」なんて立派なことが書いてあるけが、3本ともデジタル上映。それがあまり映像の品位・解像度が高くない。ジャギーや偽色なども目立つ。DVDレベルぐらいじゃないのかな。こんなレベルのものでスクリーン上映を威張るなんてちゃんちゃらおかしい。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.39.37.32&lon=%2b139.42.25.23&fm=0

|

« 久しぶりにレコードを入手 | トップページ | 映画:ロベレ将軍 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:フェリーニの道化師:

« 久しぶりにレコードを入手 | トップページ | 映画:ロベレ将軍 »