« 映画:フェリーニの道化師 | トップページ | 1/18:夜ローラー »

2011/01/16

映画:ロベレ将軍

★★★★☆
 同じ映画館で続けて観る。でも入れ替え制なので、一度映画館の外に出て10分後に再入場。
 ロベルト・ロッセリーニ監督、ヴィットリオ・デ・シーカが主演の1959年の作。ヴェネチア映画祭グランプリ。骨太の作品。ストーリー的には終わりが読めそうなティピカルな展開ではあるが、これがその後に続く作品のマスターピースとなったところもあるのだろう。ドイツ人大佐をミュラー演じたハンネス・メッセマーが印象的。
 戦時中の街の描き方、爆撃に晒される町の姿にリアリティがある。一部実写(記録映像)も使われてるような気がする。第二次大戦後14年という時期に撮られた作品としても、理解ができる内容。

|

« 映画:フェリーニの道化師 | トップページ | 1/18:夜ローラー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:ロベレ将軍:

« 映画:フェリーニの道化師 | トップページ | 1/18:夜ローラー »