« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の39件の記事

2010/09/25

ジョン・レノン・ミュージアム

ジョン・レノン・ミュージアム

 9月末で閉館になるジョン・レノン・ミュージアムに行く。埼玉アリーナのコンサートや北与野ガード下の炭八での飲み会、MOVIX埼玉での映画など、この近辺に来る機会は何度もあったのに、ここに入ったことはなかった。閉館まであと数日というぎりぎりで初来館。
 彼が四十歳で亡くなってから、もう30年経ったのか。当時二十一歳だった私も今や五十歳。
 ミュージアムの展示はそれなりかな。特に今まで知らなかった話も少なく、彼のギターなど以外の展示物で興味を惹くものも多くはなかった。係員の誘導方法や、階を移ったら戻れないなど、展示関係の諸々は心地よくない。
 でも、感じるものはあった。最近の、尖閣諸島問題にまつわる出来ごとで好戦的な思考になっていた頭が、少し冷静になった(この件については近々書くかも)。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.89430&lon=%2b139.63117&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/18

叔母との旅

叔母との旅

 段田安則、浅野和之、高橋克実、鈴木浩介の四人芝居。しかし、この四人がどんどん役を入れ替える。主人公のヘンリーは四人が演じる。それも四人とも同時に舞台に立ちながら、バトンタッチをするように入れ替わって演技する。それがまったく不自然でもないし、難解でもない。このような構成はこの演出家オリジナルではなく、以前もそのような舞台だったらしい。元の脚本がそうなのかな。
 とにかく四人でいろいろな役を演じる。ただ、オーガスタは段田が、ワーズワースとヴィスコンティは高橋が、若い女性役は浅野が専門に受け持っている。役の入れ替わりと舞台展開の妙に引き込まれるが、それがちょっと飽き気味になった第一幕後半で、イヌのエピソードで観客を捉えるところなども見事。
 段田のオーガスタは凄い。彼の声が通ることもあるが、段田がオーガスタを演じたことで、この芝居全体が締まったと思う。高橋も上手い。段田ほど声が通らないのかと思いきや、演じる役により声色、音量をしっかりと使い分けている。浅野は可憐な女性役がはまっている。鈴木は出番が少な目だが、イヌ(ウルフ)のところで大笑い。
 いやー、とにかくすごい演劇だった。今まで観たすべての演劇のなかでも最高級の出来。時間がとれて、当日券が手に入るならもう一度観たいぐらいだ。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.66182&lon=%2b139.70897&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日も無事帰還


羽根倉橋からは一人。道満でお腹が痛くなり、トイレストップ。それがあっても9時少し過ぎには帰宅。これなら午後の外出まで一寝入り(!)できそう。やはり早起きは得です。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.80441&lon=%2b139.65767&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も高坂折り返し


今日は早め帰りが必須だし、着いていくのがハードなので、高坂駅手前の信号で、「ここで帰る」と皆に伝える。松井さんが付き合ってくれて二人で帰る。
帰路は川島町役場手前で左に入り、裏道経由で歓談しながらゆっくり走って帰る。松井さんには羽根倉橋までお付き合いいただく。ありがとうございます。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b36.00113&lon=%2b139.40163&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/18:チーム練


集合場所には、市川さん、山本さん、細沼さん、小湊さん、松井さん、宇津の6人。レース遠征などで参加者少な目だが、気心知れたチーム員だけなので走りやすい。
しかし一般道に出てから山本さん、ときおり先頭を交代する小湊さんの二人が鬼曳き。軽い向かい風の中、36km/hぐらいだったのが、だんだんスピードが上がり40km/h。着いていけないスピードではないけれど、少々アップアップ気味。しかし、そのスピードで引き続けられるっていうのは、なんという力の差なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チーム練アクセス

5時に起きれらので、軽く咳は出るけど6時半集合のチーム練に向かう。
あたりは日の出直後の光。赤みが多く斜めから差す景色は美しい。秋らしい気温で走りやすいし、気持ちが良い。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.81187&lon=%2b139.63833&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/16

楽楽屋

楽楽屋 楽楽屋

 観劇後、楽楽屋に行く。20時近くだったのでいっぱいかと思ったら、入れる。ラッキー。
 羊串焼き、豆苗炒め、紙豆腐の炒め、などなど食べる。美味しい。ここはやはり良い店です。また来たいけれど、二人だとたいした数(品目)が食べられない。大人数で来る一手だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表に出ろいっ!

表に出ろいっ! 表に出ろいっ!

 野田が妻役として登場したとき、一瞬、彼とは気がつかなかった。眼鏡と髪型が奇抜だったからか。犬の名前がピナバウスという変わった名前。帰ってから調べると、ピナ・バウシュという昨年なくなった舞踊家。能楽師の犬の名前に付ける皮肉。

 とにかく退屈などいっさいしないすばらしい劇だった。やはり野田の小規模演劇は良い。出演陣は三人とも巧い。特に勘三郎。単なる技巧を超え、今まで自分が歌舞伎の世界で培った動きを出しながらも、それを笑いにつなげたりで、感動するほどのできばえ。コクーン歌舞伎で勘三郎を二回ほど観ているが、そのときよりも良い。

 昔の野田のような言葉遊び(功徳ナルド=マクドナルド、ジャパニーズ=ジャニーズ、ディスティニーランド=ディズニーランド)がスパイスとしてうまく効いている。三人のやりとりやドタバタ、笑いをとるところなどには引き込まれて劇場中大笑い。ただ本筋のストーリーの解釈は難しい。赤鬼、THE BEEのような破滅に向かう展開をとりながら、最後に救いがある。しかし、その救われ方をどう解釈すれば良いのか分からない。皮肉、または偶然とストレートに捉える以上のものがあるのだが、私には消化しきれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/14

ついにマイクロフォーサーズに手を出す

 パナソニックのマイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼カメラ、DMC-GH1を入手。

LUMIX DMC-GH1K

 9月下旬には新モデルの発表があるようで、現在、モデル末期の捨て値、投げ売りの超々破格値動画対応高倍率ズームとのレンズキットDMC-GH1Kは、発売当初の半値。このレンズ単体とほぼ同じ値段で売っている。
 ここで、これを買う意味とかタイミングとか、この3週間ぐらいさんざん悩んだ末についに決断。

 以下、長文だけど悩んだ内容。
-------------------------

 最近、フィルムスキャナー(Nikon Super COOLSCAN 5000ED)を本格的に使い始めた。その結果、今までの使っていたDPE店でのスキャニングの粗が気になってきた。

・解像度が低い(フジカラーCDで1840×1232ピクセル(227万画素)、HOT ALBUM DVDで3089×2048ピクセル(633万画素)。Nikon Super COOLSCAN 5000EDならば、約5600×3700ピクセル(約2000万画素))。
・色味とコントラストが強すぎる(フジカラーCD※)。
・トリミングされている(フジカラーCD※)。

 一度これが分かってしまうと、DPE店でのスキャニングに依存するのが嫌になった(私、意味なく高品質・高精細を求めるお馬鹿もの)。

 しかし、フィルムスキャンを自分でやると時間がかかる。まだ慣れていないのはあるが、1枚10分以上。単にスキャンするだけならもっと短いが、手作業で画質調整する必要があるのだ。これはいくらでも時間をかけることができる。正解はないのだから、より満足する結果を求めて何回もやっていればきりがない。
 この作業自体、アナログからはほど遠いデジタルな調整だ。だったら、アナログ=フィルムにこだわる意味はなくなってしまう。ふー、、、。

 そんなことで主力機材をデジタルに移すことを考え始めた(え、今さらかよ)。
 買うならニコンとここに書いたが、35mmフルサイズとすると、D3系は重いし値段高過ぎなのでD700しかない。しかしD700はモデル末期だし1200万画素しかない。D900の登場が、かなり前から噂されているのだがいっこうに現れない。最近、D700と新発売のレンズを組み合わせたレンズキットが新たに発売されたことを考えると、D900がいつ登場するのかまったく分からない。さらにそのスペックもまったく不明。
 ニコンを捨て去った場合、代案は二つ。

◆代案その1は、キヤノンEOS 5D Mark II。発売当初は黒点問題などが騒がれたが、その騒ぎが収まって以降は評価も高く安定している。来年にはMark IIIの登場が噂されるが、Mark IIでも2000万画素を超えている。さらに、来年1月には魚眼好きには堪らないこんなレンズの発売も決まっているし、現在キャッシュバックキャンペーン中。ただし、欲しいレンズをひととおり揃えるとお値段爆発(これはニコンでも同じだけど)。

◆代案その2は、レフのないデジタル一眼、パナソニックDMC-GH1でお茶濁し。モデル末期のGH1は、現在捨て値大特価。発売時の半分以下という考えられないお値段。この高倍率ズームレンズ付属モデルと超広角レンズを合わせても、キヤノン、ニコンの本体価格未満と超リーズナブル。高速のAFが必要なスポーツ写真などを撮らない私の場合、EVFのマイクロフォーサーズでもほとんど問題はないはず。軽くて小さく、マウントアダプターでFDレンズが使えるのも魅力。唯一の欠点は1200万画素であること。でも、これで目先の物欲は乗り越えて、それでも欲しければデジタル一眼"レフ"に手を出すという先延ばし戦法。

 いろいろ考えた末、DMC-GH1Kが底値と思われる今、ついに手を出してしまった。
 これで満足できればいいのだが、ダメだったら本格的な35mmフルサイズデジタル一眼レフに手を出すと思う。一つの契機は来年1月。それまでにD900が出ればそちらに、出なければ5D Mark IIというパターン。いずれにしろ手を出せば、高級自転車1台分の出費になる。さてさて、思いとどまることはできるか?

LUMIX DMC-GH1

 とにかく、これでスキャニング地獄からは一部脱することができるはず。それはフィルムカメラとの決別を意味している。完全に使わなくなることはないけれど、出番は少なくはなるはず。でも、今の頻度で撮るとしたら仕方ないかな。

-------------------------
※GH1のインプレについては、後日紹介するかも。でもモデル末期なので、興味のある人は少ないはず。

※フジカラーCDの色味とコントラスト、トリミングの問題は、それぞれのショップでのセッティングにより違う可能性が高いと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/09/11

今日も無事帰還

荒川総合運動公園から一人たらたらと走り帰る。徐々に気温も上がってきている感じ。9時半前と早めに帰り着いて正解だったかな。2週間ぶりの走りは気持ち良かったけれど、体へのダメージは残る。もう少し乗り込まないと、チーム練に参加する資格がないな。涼しくなったらもう少し乗り込もう。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.81253&lon=%2b139.63755&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志村くんに遭遇

 

帰りは一人でたらたら走る。軽めの往路だったのに足が張っている感じ。鈍っています。
表の交差点で信号待ちをしていると後ろからチームジャージの方に話しかけられる。なんと、お久しぶり、怪我療養中の志村くん。先週から走り始めたとのこと。肘にガードを付けての走りだが、鈍った感じはしない。いろいろと歓談しながら荒川総合運動公園までご一緒する。また、今度は遅出練習組を募って一緒に走りましょう。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.97399&lon=%2b139.49922&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高坂で折り返し

治水橋の信号あたりで、先行組4人と後続組6人に別れる。今日は間違って先行組に入らないよう注意して、後続組。入間大橋信号のところでゲストの佐藤さんが先行組に合流。
後続組はだいたい35km/hぐらいのローテーション。体が鈍っているのでこのスピードでも少々辛いが、なんとか着いていける。でも、あまり無理はできないので高坂前の407号の信号のところで離脱、折り返し。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b36.00102&lon=%2b139.40029&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/11:チーム練参加

なんとか起きてチーム練に。家を出てほどなく同じく集合場所に向かう山本さんと合流。歓談しながらそこそこのスピードで進み、予定より早めに到着。
集合場所には、山本さん、山ちゃん、石川さん、杉浦さん、細沼さん、松下さん、浅倉さん、戸井マリさん、宇津、ゲストの小村さんの計10人。皆は、高坂直進で物見山経由、明覚休憩、定峰、白石方面の予定。
私はと言えば、夏休み旅行のため2週間ぶりの自転車。体が鈍っているし、体力もないので今日も途中離脱予定。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.87748&lon=%2b139.58498&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/09

映画:姿三四郎

姿三四郎
シネマブルースタジオの黒澤明特集。生誕100周年としての最後のイベントなのかな。ここで未見の4作品を観る予定。まずは姿三四郎。
本日の入りは8人。こことしては多め。

---------------
★★★☆☆
 1943年、黒澤明の初監督作品。
 冒頭に、戦時中の検閲で切られたところがあり、戦後復元しようとしたがネガが失われたためできなかったという旨の(昭和27年の)断り書きの字幕が入る。確かに先生が三四郎を諭すところ、小夜との神社での邂逅、その他で一部切られたと思われるような箇所が見受けられる。
 映像的には見応えがある。柔道の試合の立ち回り、合成などを使わず試合の圧倒的な結末を見せるところ、神社の階段でのカメラワーク。カメラのアングル、カットの切り替えの妙を感じる。ただ、この時代のフィルムの質のためか、粒子の粗さ、階調の低さ、音質の悪さが目立つ。特に一部のセリフが聞き取れないのが残念。
 話としてはストレートな展開だが、80分という短さもあり粗は目立たない。内容的には戦時中の作品ということをあまり感じさせない。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.44.49.10&lon=%2b139.48.02.91&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/08

ウクライナの写真雑誌に載る

 封筒に入っていたのはウクライナの写真雑誌『Photographer』。

Img9061829380001

 昨年10月末から撮った写真をせっせとFlickrにアップロードしてきた。特に意図があったわけではなく、分かりやすい操作体系、便利なツール、共有のためのグループなどが充実していたからだ。

 今年のゴールデンウィークの頃、Flickrのメールに「あなたの写真を雑誌に使いたい」というメッセージが入った。見るとウクライナから。え、「ウクライナ」ですか? ネット詐欺全盛のロシアのお隣、旧ソ連の国からのメールですか? これは詐欺ですか?

 発信者名でいろいろと調べると、実在するウクライナの写真雑誌の編集長。少しの疑いとドキドキを抱きつつ返事を返す。「私、キャリアも短い単なるアマチュア、それもアナログ写真ですけど良いのでしょうか?」
 で、いろいろのやりとりの後、この号に写真が載る。内容的には、『超広角レンズ、魚眼レンズで撮る都市』という特集。私を含めた3人のカメラマン(写真家)の写真で構成された12ページの記事。私の写真は、ここで紹介した赤矢印の6枚以外にもあり計10枚。

Img9061829380003b

Img9061829380004b


Img9061829380008b

 私の撮った写真だけでなく、撮影者写真も掲載された。
 チームジャージを着た姿を家内に撮ってもらったものが掲載。でも、もうちょっときちんと着こなしたほうが良かった。(泣)

Img9061829380007b

 編集部に送ったのは写真だけでない。写真を撮るにあたっての手法や機材などいろいろな質問が来て、それに答えた(全部英語)。本文を見ると、どうもそれも載っているようだ。ただし、すべてウクライナ語(※もしかするとロシア語かも)。実際に私が答えた内容との差異はまったく分からない。

 これもすべてワールドワイドなFlickrのお陰。とにかく、写真生活復帰二年の私にとって、とても嬉しい出来事。


※ちなみに、掲載された雑誌を1冊送ってもらっただけでノーギャラでした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010/09/06

ウクライナからの航空便

ウクライナからの航空便
さてさて、このなかには何が…?

答えは近々、紹介予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/04

北斗

北斗
20:20発の羽田行きを待ちながら、釧路空港のレストランで夕食。
海鮮生ちらし丼、イカのルイベ。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.04488&lon=%2b144.19623&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥松

鳥松 鳥松
ザンギ発祥の店。発祥の店が美味いとは限らない。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b42.98432&lon=%2b144.38795&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琵琶瀬展望台

琵琶瀬展望台

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.04541&lon=%2b145.06939&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福住総本店

福住総本店 福住総本店
標津の蕎麦屋。カレー南蛮蕎麦と大ざる蕎麦。量は十分だけどお味は普通。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.65982&lon=%2b145.13288&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野付半島

野付半島
遠い風景、雲が湖面に映り込み鏡みたい。絶景。ウユニ塩湖もこんな感じなのかなあ。でも、もっとすごいのだろうな。いつか行ってみたい。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.58997&lon=%2b145.33506&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風蓮湖

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.26187&lon=%2b145.43833&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納沙布岬灯台

納沙布岬灯台

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.38518&lon=%2b145.81641&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/03

一福

一福
FCYCLEで勧められていた宿。花咲蟹が美味。宿の設備は今ひとつだったけれど安いしアットホームなので満足。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.28625&lon=%2b145.57400&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめんランド

らーめんランド
標津のラーメン屋。チェーン店なのかな。
しべつ海の香ラーメンとネギ味噌ラーメン。まあまあ程度。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.66311&lon=%2b145.13179&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

標津サーモン科学館

標津サーモン科学館
雨のため景色はダメ。時間つぶしのため入る。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.65961&lon=%2b145.11614&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッカウス洞窟 羅臼のひかりごけ

マッカウス洞窟 羅臼のひかりごけ

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b44.02931&lon=%2b145.20764&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知床峠

知床峠
雨ざんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿の朝食

宿の朝食

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b44.06245&lon=%2b144.99777&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/02

二日目の宿食

二日目の宿食 二日目の宿食 二日目の宿食 二日目の宿食
連泊なので2回目の夕食。たらばがに、銀だらの鍋、鮭児のルイベ、鮭の腸の塩辛、鳥のゴマだれ焼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知床五湖駐車場

知床五湖駐車場

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

知床自然センター

知床自然センター

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b44.09203&lon=%2b145.02401&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速船で観光

高速船で観光

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b44.07272&lon=%2b144.99257&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/01

つくだ荘

つくだ荘 つくだ荘
知床のホテルはバイキングばかりなので民宿(公共の宿?)にする。夕食は豪勢。ほたて、イクラ、鮭鍋、毛蟹、ほっけ、鹿肉たたき、さしみ(甘海老、ソイ、ホッキ貝)。満足度高し。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b44.06406&lon=%2b145.01553&fm=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠音別川

遠音別川
さけ・ますの遡上を見物。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b44.01314&lon=%2b144.91647&fm=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山崎菜園 じゃがいも苑

山崎菜園 じゃがいも苑

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.89815&lon=%2b144.59854&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網走番外地

網走番外地

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.99621&lon=%2b144.22827&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能取湖

能取湖

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b44.01357&lon=%2b144.11603&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »