« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の24件の記事

2010/07/31

本日も無事帰還

 楽な南回りで、、、と言っても行程が楽なわけではない。河野くんが38km/h以上で引く。思わず風向きを見るが、別に追い風でもない。ふー、ブランクをまったく感じさせません。自転車道の少し前あたりからペースを落とし、自転車道に入ってからはさらにスピードを落とし安全に走る。おかげでなんとか切れずに着いていく。指扇あたりからは日も照ってきて気温が上がる。ボトルの水も空になり、水分補給のため荒川総合運動公園で休憩。ここで小湊さんが離脱。残りは河野くんと二人で走る。
 ということでなんとか無事帰還。出が早かったこともあり、100km走っても帰りは9時半。時たまポツポツとくることはあったが、まったく濡れる感じではなく助かったが、その分気温は高めだった。
 久しぶりに平地を長めに走ったが、、、走り方を忘れている。正確には90rpm以上で回し続ける能力が極端に落ちていることに気づく。8月中はこんな感じで朝のみ走り、少し涼しくなってきたらお山にも足を伸ばしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀ロー休憩


 自転車道から一般道に入るあたりで5人、5人に別れる。私は前組。同行は、遠藤さん、小湊さん、河野くん、松井さん。信号もうまく越え、なかなかよい快速ペースで走るが、、、練習不足の私は辛い。早俣橋ではアップアップ。ここを越えたところで松井さんが帰還。
 東上線の踏切を越えたあたりからペースが上がり、関越を越えた先で河野くんが単独アタック。私は番手だったが着き切れ(情けない)。遠藤さんが単独食いついて行く。さらに小湊さんが一定ペースで追う。なんとか小湊さんの後ろにベタ着き。信号前のカーブあたりで追い着いたところで、後ろから踏み込んで一気に前に行くが、、、切れもスピードもスタミナもなく、あっという間に失速。清澄前の信号に捕まったので事なきを得たが、もう完全にいっぱい状態。清澄坂は、皆を見送り最初から単独でゆっくり登る。ああ、ダメダメです。
 亀ローで後続組と再集合。コーラ500ml補給。小湊さん、河野くん、私はここで帰還。暑いし負荷をかけたくないということで、南回り平地ルートになる。

↓写真は浅倉さんの自転車のDURA-ACEカーボンクランク。600セットしか販売されなかったというレアなパーツ。うーむ、マニアです。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.98933&lon=%2b139.33171&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/31:チーム練

 朝6:00集合というのは早いが、この時期のチーム練ではデフォルトの集合時間。
 集合場所には10人。松井さん、市川さん、岡部さん、細沼さん、小湊さん、杉浦さん、浅倉さん、遠藤さん、河野さん、宇津。ゲストなし、全員チーム物見山。気心の知れた仲間。
 早めに帰る人、お山に本格的に登る人、軽めに登る人などいるが、さしあたって亀ロー(ローソン鳩山泉井店)を目指すことになる。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.87758&lon=%2b139.58483&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーム練アクセス

 4:30起き、5:20出で集合場所に向かう。チーム練参加は久しぶり。ということは早起き、100kmクラスの走りも久しぶりと言うこと。
 5時半過ぎなのに、すでに蒸し蒸しする。ただ、北西側の空は曇っていて、今にも降りそう。今日はパイプ内に水が入りやすい決戦車のLook 585。天気予報どおり降らないで欲しいのだが…。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.81394&lon=%2b139.63610&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/26

TDF終わる

久しぶりにたくさんテレビ観戦した年だった。しかし、不完全燃焼というか不愉快な感じの残る年でもあった。

第15ステージでアンディ・シュレックがチェーン脱落で失った時間が39秒。で、コンタドールとアンディの最終的な差は39秒。あのときアンディがチェーンを落とさなければ、また、コンタドールが待っていれば、、、と思わずにはいられない。
これからアンディは、「チェーントラブル(メカトラ)でツールを失った選手」、そしてコンタドールは、「掟破りのアタックでツールを勝ち取った(盗み取った)選手」という称号が一生まとわりつくのに違いない。
個人的には、今年のツールでコンタドールがより嫌いになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/24

大会打ち切り

大会打ち切り

 松井さん2周、兼古さん2周、計50分程度の休憩も終わり、私の第2回走行。今回からは2周ずつなので少し気分は楽。
 兼古さんからアンクルに付けるセンサーを受け取りスタート。第1回目よりは最初から追い込まず、一定負荷に近い感じで登る。前と同じように秀峰亭までで周りを抜き、そこからは安全に下る。長者ケ原近辺で後輪を外してある自転車がコース脇に置かれていたが、なんだったのだろう。相変わらず登りは遅いが、前回の2、3周目ほどの大失速まではいかない。100mほど前をチームジャージの選手が走っている。おそらく山本まきさん。それを目標に走るが近くはならない。そんなこんなで苦しいながらも前回よりは楽、、、というよりペースをつかんで2周終了。
 パドックに戻ってくると、交代する松井さんが2時間で終了になったと言う。今は1時間50分ぐらいなのであと10分でイベント終了? 聞くと、落車が多く救急車のピストン輸送状態で搬送が間に合わない、また熱射病で救護室に駆け込む人が多いためとのこと。結局松井さんが1周したところで終了。宇津5周、松井さん3周、兼古さん2周の計10周。我々のチーム、4チーム計9人は、落車も(暑さには参っていたが)熱射病も関係なかったので少々拍子抜けだけど、とにかく終了。

 レース後、後ろの予定が詰まっている私は早めに撤収して皆にサヨナラを言って、14:50には会場を後にする。3年ぶりのレースとしては拍子抜けの顛末だけど、まあ無事に終わったのでよしとしましょう。次はどのレースに、、、、(ってまた出るのか?)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

修善寺五時間耐久レース

 ついにレース当日。正式名称は、「CSC5 時間耐久チームサイクルロードレース」。耐久レースとは言え、2007年鈴鹿以来のレース参加。少々ドキドキ。
 朝5:00起き、5:40に出発し、首都高速中央環状から3号線、東名、小田原厚木道路、箱根新道、伊豆スカイラインを経由。少し混みかけたところは何カ所かあったが、はっきりと渋滞だったのは大橋JCTぐらい。コンビニ、トイレ休憩1回ずつで8:30にCSC駐車場に着く。
 松井さんの到着を待って入場し、準備を済ませて9:30。参加義務のある大会説明と試走の10:30まで1時間。レース開始まで2時間半もある。しかし暑い。もうとっくに30℃は超えている。

 なんやかんやで時間は過ぎていき、12時のスタートとなる。いつもどおり最後尾の空いている空間でくるくる回ってウォームアップをする。
 スタートとなるが選手の数が多く、なかなか前に行けない。なんとか最初の右カーブあたりで前から20人ぐらいのところに付ける。で、長者が原から秀峰亭までは大外を回り、周りを抜く。秀峰亭からの下りは怖いのでスピードは控えめにすると、周りからがんがん抜かれる。2号橋からもがんばって登るが、ここらでいっぱい。オーバーヒート気味でぜんぜん踏めなくなる。1号橋までの下りは亀のように縮こまって一気に下る。ゴールまでの登りのところで前を行く小湊さんを目標に走るが、、、全然着いていけない。それでも1周目は10分前半だったよう。
 2周目からはもうまったく踏めない。登り区間で周りにがんがん抜かれ、秀峰亭までの下り区間と、1号橋までの下り区間でタイムを稼ぐ感じ。この2周は12分台後半かな。なんとかノルマの3周終了。松井さんと交代。
 走り終わるとぐったり。苦しくてしょうがない。どうも体温が高くなっている感じで、水を浴びたり、冷たいものを飲んだり、差し入れのかき氷をいただいたりで冷やし、なんとか30分ぐらいたったら回復してきた。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.00892&lon=%2b139.01377&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/19

梅おろしそば@甚五郎

 終了後、甚五郎で梅おろしそば中盛り。水分と塩分の不足している体には最高のごちそうです。おいしゅうございました&ありがとうございました。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.97117&lon=%2b139.27402&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修善寺五耐対策練-その3

 一昨日に引き続き、修善寺五耐対策練。ただしこの日は周回練ではなく、桂木峠への登りの往復練。標高差160mぐらいを2本1セット。あいだに20分ほど休憩を入れてさらに1セット。その後、お初のコースをたどって大附そば道場の下まで行き、そこから甚五郎に。

 これで修善寺五耐前の練習は終了。ウィークデイのローラーもなしの予定。まだ全然ダメなのは間違いないが、ダメなりに少しは登れるようになった気がする。これが"気がする"なのが実際のそうなのかは、7/24に判明予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/07/18

映画:月に囚われた男/ハート・ロッカー

映画:月に囚われた男/ハート・ロッカー

月に囚われた男 ★★☆☆☆
 興味深い場面設定ではあるのだが、ツメが甘い作品。ロボットの性格付けなどは、「2001年宇宙の旅」の影響を受けているのだろうが、今ひとつ。

ハート・ロッカー ★★★☆☆
 今年のアカデミー作品賞ということで期待していたのだが、外れ。アメリカ人の自己憐憫的な臭いが強く、私の心には響いてこなかった。このようなテーマならば、「告発のとき」のほうが上。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.42.04.82&lon=%2b139.44.34.75&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/17

とうふ工房わたなべ

 練習会が終わって片付けても10時前。甚五郎の開店の11時まではだいぶ時間があるのであきらめる。
 で、とうふ工房わたなべに行き、揚げ豆腐、堅豆腐、ざる豆腐、湯葉刺しなどを買ってから帰還。ここの豆腐は好物です。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b36.00633&lon=%2b139.29582&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修善寺五耐対策周回練-その2

 7/11に引き続き、修善寺五時間耐久に向けた練習会。兼古さんは所用で不参加なので松井さんと二人。
 7:30集合で、物見山5.4km周回を5周+山村学園短大坂を4本。なんとなく登り方というか、登りのペダリング負荷を思い出してきた感じ。周回中に小湊さん、志村さんと遭遇。また、山村学園短大を登っているときにHideさんとすれ違う。暑い中の練習会は10時前に終わる。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.99975&lon=%2b139.36515&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/07/16

映画:宮廷料理人ヴァテール

宮廷料理人ヴァテール
今日の観客数はたったの二人。つまり私以外に一人だけ。

★★★☆☆

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.44.48.93&lon=%2b139.48.02.64&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/12

半年ぶりの眼科検診


 最初に眼底出血があったのがいつか忘れてしまったぐらい。でも、今後も半年にいっぺんの検診は続く模様。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.70030&lon=%2b139.76356&fm=0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TDF #8

昼の周回練で疲れているけれど何とか観戦完走。アンディ・シュレックのアタックにコンタドールが着いて行けなかったことで、今後の展開が俄然おもしろくなる。
10分以上の大遅れのランスのツール勝利の可能性がなくなったことには、一抹の寂しさを覚える。直前のレースでは比較的好調だったので期待していたのだけど、落車で何らかの体のトラブルを抱えてしまったのかな。KONAさんが書かれているようなこともあって、彼のレース姿を見るのも、おそらくこのツールが最後。パリまで行けるのかな。

で、ランスのドーピングについては、、、おそらく"黒"でしょう。と、同時にエポが市販され始めた1990年ぐらいからのTDF優勝者でエポ、血液ドーピングで"白"の人がいたのかと疑問に思っている今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/11

さなぶり

さなぶり

 周回終了後、さなぶりに移動して昼食。近所の方で満員。こんなに盛況なのかと驚く。松井さん、兼古さんは冷や汁うどん、私は鴨汁うどん。うどんは太く透明感のない田舎風。好きなのは讃岐とか稲庭系なのでちょっと外れるけれど、塩分不足の空きっ腹にはごちそうで満足。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.97385&lon=%2b139.49935&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修善寺五耐対策周回練

 朝7時起き。これはまずい7:30前には出発しなくてはいけないのに大寝坊。急いで準備し、車に自転車を積み込み7:40に出発、コンビニでオニギリ3個を買って頬張りながら走る。考えた末、与野まで高速に乗り、後はいつもの下道。結局8:55ごろ物駐到着。松井さんは先着、さらに兼古さんはすでに周回を始めている。
 相談の上、9:10から8周することになる。信号は遵守、下り平地区間は追い込まず、そこでまとまり三人で走る。登り区間はそれぞれのペース。「それぞれのペース」とは言っても、側に似たようなペースで走る仲間がいれば、ペースを合わせようとする。おかげで負荷高めで走る。兼古さんは緩斜面と平地区間は速め。しかし斜度の高いところと下りは苦手そう。松井さんは心拍をにらみながらの一定ペースだったよう。私はいっぱいいっぱいで走る。1時間走ってもまだ4周。8 周なんて言い出すのでなかったと深く後悔。ただ、信号ストップはあるにしろ、だいたい13分台で走れている。信号ストップがなければ12分台前半にはなるはず。今の体力を考えると結構速い。
 一番辛かったのは4~6周目ぐらい。7、8周目は先が見えていることもあり心理的に楽になり、それと同時に体力を残す必要がないのでまたペースが上がる。で、なんとか11時前に周回終了。一人だったら絶対このペースでは走れないし、8周する前に嫌になって止めていました。皆で走るのってすごい。ありがとうございます。やはりチームでの周回練にももっと出たほうが良いのかも(でも何のために?)。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.99990&lon=%2b139.36537&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/07/10

谷中

谷中

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.72373&lon=%2b139.76654&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光源寺 ほおづき市

光源寺 ほおづき市

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.72437&lon=%2b139.75632&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.72364&lon=%2b139.75479&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/08

映画:性犯罪/噴出祈願 15歳の売春婦

映画:性犯罪/噴出祈願 15歳の売春婦

性犯罪
 1967年作。若松孝二監督、出口出脚本(足立正生・沖島勲)。若松・足立作品に吉澤健が出た最初の作品。吉澤健が状況劇場所属とクレジットされていたことに驚く。
 現実と不条理の狭間にあるような不思議な作品。その割に観念的過ぎるわけでもない。ただ全体としては、まあまあ程度のレベル。時限爆弾という設定に時代性を感じる。

噴出祈願 15歳の売春婦
 1971年作。足立正生監督、出口出脚本(足立正生・荒井靖彦)。足立がパレスチナに渡る前の最後の作品とのこと。
 非常に観念的な作品。セックスと自己の存在を題材に、世間・社会とは異なる価値観を維持できるかどうかを、ああでもないこうでもないといじりまくる。途中で読み上げられる若者の遺書、強い諦観と敗北感。これらは若松や足立が傾倒していた国内の学生運動の退潮と強く関係しているのだろう。これを最後にパレスチナに渡ったことは理解できる。でも、自分が革命運動に身を投じることを肯定的に受け取らせることのできるポジティブな方向の作品でないことが不思議な気もする。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.39.34.56&lon=%2b139.41.43.24&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/06

7/6:夜ローラー


 ツール観戦前にローラー。本日はインターバル練。
 9分ウォームアップ、53×14 50~60rpmで3分半(高負荷)+38×25 70rpm(低負荷)で1分半のセットを4セット。8分間のレスト(低負荷)後に再度4セット、6分間のクールダウンで計1時間。負荷をかけているときの心拍は、170~190bpmぐらいと幅がある。一昨日以上の汗ダラダラだし疲労。ツール観戦中に沈没しそう。
----------------
 観戦完走しました。パヴェ区間のパンクでもっとも痛手を負うことになったのがランスだったとは、、、。赤のレディオシャックジャージ・シルバーのヘルメットという目立つランスが遅れた瞬間は、空撮映像をしっかり見ていれば分かるのに、実況・解説陣はなぜ気がつかない。
 それにしても、カンチェラーラ、フースホフトなどパヴェのスペシャリストたちの強いこと、強いこと。あと疑問だったのは、コンタドールがゴール直前で遅れた原因はなに?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/04

7/4:夕ローラー

7/4 夕ローラー

 土日連続二日酔い。今日も始動は昼近く。暑くて外で乗る気にならない。ビデオのダビングなどで時間がつぶれ、14時過ぎからトレーニングセンターに行き筋トレ。帰ってくると夕立。日暮れ前の外乗りはあきらめ、夕ローラー1時間。負荷軽め一定で130~160bpm。後半心拍が上がったのは熱が籠もりすぎたせいか。この時期の室内ローラーには少々無理がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/01

7年ぶりのPC更新


届いたダンボールの中には、

2003年以来の更新となる新しいPC、AY301。修理対応が良いということで、今回もエプソンダイレクト。
Photoshop Elementsをバンドルし、5年間の故障サポートを付けたけれど、それでも7万円以下。それを除いた本体だけならば5万円を切る格安モデル。本当はもっと小さなモデルにするつもりだったのだが、安さに負けてしまった。
160GBとハードディスクがちとしょぼいけれど、他の性能は今の用途であれば十分でしょう。それにしてもね~、前のPCは20万円近く、その昔は、40万、50万円かけていたことがウソのよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »