« 開平橋で折り返し | トップページ | ミニチュア写真 »

2010/06/06

映画:インビクタス 負けざる者たち/バッド・ルーテナント

映画:インビクタス 負けざる者たち/バッド・ルーテナント

インビクタス ★★★★☆
 文句の付けようのない娯楽作品。それでいて、単純な娯楽作品を超えるものが非常に多く込められている。これを今の時期に撮るという意味、意志もすごい。ちょっとあまりにもストレートで美談すぎるし、負の部分を覆い隠しているところも目立つが、とにかくまったく飽きない。いつもながらにカット、シーンのつなぎと構成に感動する。クリント・イーストウッドは偉大だ。
 出演陣はそれぞれ好演。モーガン・フリーマンは年を食ったが相変わらずうまい。マット・デイモンはラグビー選手として全然問題ない筋肉量、体格というのがすごい。

バッド・ルーテナント ★★★☆☆
 ベルナー・ヘルツォーク監督作品。しっかりと作られた映画。映像面、シナリオ、編集なども緻密。しかし今一つ乗り切れない。少々話の進みが遅く冗長なことと、主人公に感情移入できないためか。インビクタスがストレート過ぎるのに対し、こちらは整理し切れていない複雑さを与える。ニコラス・ケイジは巧く演じているし、ハラハラはさせるが、観る人はあまり彼の立場に立てないのでは。そのように作ったのか、結果的になったのか…。
 冗長で話をまとめ方に悩むと展開だが締めは上手い。ハッピーエンドでも悲劇でもない巧妙な落としどころ。大きな破綻なく、小粋な余韻を残して終わる。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.73249&lon=%2b139.71395&fm=0

|

« 開平橋で折り返し | トップページ | ミニチュア写真 »

コメント

昨晩アマゾンで”インビクタス”予約入れたところでした。
クリント・イーストウッド監督の映画にハズレはないですね。
マット・デイモンの出演作もハズレは少ない。

投稿: こたに | 2010/06/06 23:17

このところ観ている作品は本当にすごいです。娯楽作品なのに奥が深い。全盛時の黒澤みたい。齢八十にして、「芸術性」とか「独自の世界」に行かず、ここに踏みとどまっていることが尊敬できます。本当にすごい。

投稿: ひゅ~ず | 2010/06/06 23:38

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:インビクタス 負けざる者たち/バッド・ルーテナント:

« 開平橋で折り返し | トップページ | ミニチュア写真 »