« 峠を越えて明覚ヤマザキで休憩 | トップページ | C40にK-EDGE Chain Catcherを装着 »

2010/05/29

今日も無事帰還だけどボロボロ


 帰りは清澄を避け、冠水橋のある田舎道経由(志村クラシックor細沼クラシック?)。
 その後は、ほとんど皆の着き位置で走る。しかし、時として40km/hを超えるところもあり、アップアップ。気が付くと山本まきさんが切れている。うーん、あれだけ登れるのだから(私との脚力の比較で考えれば)この平地で切れるわけはないのですが、不思議です。県道を外れるところで、松下さんが山本まきさんを迎えにUターン。私は皆に着いて走る。この区間もそれほど遅くはなかったと思うのだけど、松下さん、山本まきさんは指扇あたりで追いついて来る。
 治水橋で岡部さん、荒川総合運動公園前で石川さん、山本さん、松下さん、山本まきさんと別れ、羽根倉橋で小湊さん、秋ヶ瀬橋で志村さん、笹目橋で浅倉さんと別れ、残りは一人。
 一人になったとたん、20km/hまでスピードが落ちる。なんとかフラフラと自宅に帰り着き、ホースの水で汚れた自転車を丸洗い。家の玄関までたどり着くが、玄関で座り込みしばし呆然。もう完全に果てています。その後、なんとかシャワー、軽い昼飯と済ませ、ベッドで気絶。完全にボロボロだけど、とにかく無事帰還。本日は、150km弱、実走6時間、獲得標高1000m。

 うーん、ほんとうに走れなくなっていることを再認識。チーム練に参加するのも気が引ける。でももうレースには出られないし、目標もない。これ以上強くなるモチベーションがないのでは、向上もないだろうな。もうすぱっと辞めるかな。

|

« 峠を越えて明覚ヤマザキで休憩 | トップページ | C40にK-EDGE Chain Catcherを装着 »