« Paper Lantern in Alley | トップページ | 2010年正月タイ・ラオス旅行-その4 »

2010/03/07

映画:狼やくざ 葬いは俺が出す/浪人街/昭和残侠伝

映画:狼やくざ 葬は俺が出す/浪人街/昭和残侠伝
黒木和雄監督の「浪人街」がかかっているので観に行く。併映は苦手なヤクザ映画、さらに印象の良くない浅草の映画館だけれどしかたない。だったら「浪人街」だけ観て帰ればいいのだが、「せっかくだから」と貧乏根性。

---------------
狼やくざ 葬いは俺が出す ★★☆☆☆

浪人街 ★★☆☆☆
 ムードはあるが少々破綻気味な出来映え。最後の立ち回りの長さ、勝新の最後の行動の唐突さ、立ち回りに向かう石橋蓮司が白装束に着替えたこと(一刻を争う時なのに)、馬に乗って現れる田中邦衛、、、他にも違和感を感じて映画の世界に浸ることが出来きれなかった。話の終わらせかたも今一つ。これは元作品に引っ張られているところもあるのだろう。出演陣では、樋口可南子 、石橋蓮司が好演。原田芳雄、田中邦衛はまあまあ。勝新太郎の演技に切れがなく、活舌も悪く今一つ。映像的には美しいシーンが多かったし、話、演技に光るものはあったのだが少々残念な出来映え。

昭和残侠伝 ★★★★☆
 ヤクザ映画は苦手。でもシリーズ9作の最初になった作品だし、高倉健の「死んでもらいます」のセリフは一世を風靡した。そのようなところがよく分かる、ある種の様式美に近いものがある。とにかく「正義の」ヤクザ(テキ屋の元締め)が悪の新興ヤクザに卑怯な真似をされ、耐えにたえたのち爆発するところの説得力があるようにうまく作られていることは感銘。出演陣も高倉健をはじめ皆好演。梅宮辰夫がとてつもなく若く、まだ太っていない姿に驚く。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.42.53.28&lon=%2b139.47.36.42&fm=0

|

« Paper Lantern in Alley | トップページ | 2010年正月タイ・ラオス旅行-その4 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:狼やくざ 葬いは俺が出す/浪人街/昭和残侠伝:

« Paper Lantern in Alley | トップページ | 2010年正月タイ・ラオス旅行-その4 »