« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の64件の記事

2010/03/31

Kumenoheinai-do

Kumenoheinai-do
Canon F-1, New FD 20-35mm/F3.5L, Neopan 400 PRESTO, 2010/3/7, Asakusa, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/30

Wire in the Sky

Wire in the Sky
Canon F-1, New FD 14mm/F2.8L, Neopan 400 PRESTO, 2009/11/29, Shinbashi, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/29

Tokyo International Forum

Tokyo International Forum
Canon F-1, New FD 20-35mm/F3.5L, SUPERIA PREMIUM 400, 2009/10/11 Marunouchi, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/28

帰還

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.20750&lon=%2b127.64924&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じんじん

じん甚五郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牧志公設市場

牧志公設市場
なんと定休日だった。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.21474&lon=%2b127.68839&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がじまんろう

がじまんろう
カフェをハシゴする。
大宜味の山中のカフェ。やちむん喫茶シーサー園を超える景色の良さ。開放的で気持ちがよい。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.68804&lon=%2b128.12838&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山瓶

山瓶
東村高江の山中(ジャングル)の中のカフェ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東村つつじ祭

東村つつじ祭

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.63692&lon=%2b128.15747&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chisuibashi Bridge

Chisuibashi Bridge
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Pro 400 (PN400N), 2010/2/28, Chisuibashi, Saitama, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/27

やちむん喫茶シーサー園

やちむん喫茶シーサー園

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.64367&lon=%2b127.94107&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備瀬のフク木並木

備瀬のフク木並木

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.70485&lon=%2b127.88091&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きしもと食堂

きしもと食堂
美味。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b26.39.36.94&lon=%2b127.53.45.46&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラスボート

グラスボート

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.54162&lon=%2b127.93329&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Small Alley of Restaurants

Small Alley of Restaurants
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Neopan 400 PRESTO, 2010/2/13, Kagurazaka, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/26

ブセナテラス

ブセナテラス

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.54000&lon=%2b127.93557&fm=0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

座喜味城跡

座喜味城跡

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.40873&lon=%2b127.74186&fm=0

| | コメント (1) | トラックバック (0)

番所亭

番所亭
そばとよもぎそば。いつもながら素朴な味だけど美味です。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.39981&lon=%2b127.75816&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安慶名闘牛場

安慶名闘牛場

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.38148&lon=%2b127.85126&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝連城跡

勝連城跡

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.33037&lon=%2b127.87980&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中城城跡

中城跡

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b26.28488&lon=%2b127.80244&fm=0

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Small Paved Alley

Small Paved Alley
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Neopan 400 PRESTO, 2010/2/13, Kagurazaka, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島思い

島思い 島思い 島思い
23時の飛行機で着き、ホテルにチェックイン後すぐ出かけ、23時半に入る。
大城美佐子さんの歌を3曲聴けた。幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/25

Kagurazaka in Rain

Kagurazaka in Rain
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Neopan 400 PRESTO, 2010/2/13, Kagurazaka, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/24

Illumination of the Restaurant

Illumination of the Restaurant
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Neopan 400 PRESTO, 2010/2/13, Kagurazaka, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/23

Gate of Bishamonten

Gate of Bishamonten
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Neopan 400 PRESTO, 2010/2/13, Kagurazaka, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/22

映画:イングロリアスバスターズ/スペル

映画:イングロリアスバスターズ/スペル
タランティーノを観に早稲田松竹に行く。併映は苦手なホラー映画。

---------------
イングロリアスバスターズ ★★★★☆
 B級の香り漂う意味なく長いフェティシックなシーンと、適度な痛みと観客を満足させるサディスティックな終わり方が印象に残る佳作。とにかく巧妙なシナリオと飽きさせない構成の巧さに尽きる。前作「デス・プルーフ in グラインドハウス」は空回りした感じだったが、今回はタランティーノらしい骨太の娯楽作品に仕上がっている。ただ、「素晴らしい・感銘を受ける」とまではいない。何かが足りない。演技陣ではブラッド・ピット、そして若い映画館主を演じたメラニー・ロランと、この作品でアカデミー助演男優賞を取ったSS隊員を演じたクリストフ・ヴァルツが強い印象を残す。

スペル ★★☆☆☆
 うーん、B級そのものという出来で感銘は受けない。観客を驚かせる音響と飛び出す異物の連続……。パターン化しているし多用しすぎ。最後も「これでは収まらないだろう」と思う甘いハッピーエンドっぽい展開から、どんでん返しがあることを予想できてしまう。「シャイニング」や「ゾンビ」が残すような恐怖の余韻もなく、時間つぶし程度。この作品、ホラー好きの人にとっては高い評価になるのだろうか?

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.42.41.94&lon=%2b139.42.29.74&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Streetlight in Rain

Streetlight in Rain
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Neopan 400 PRESTO, 2010/2/13, Kagurazaka, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/21

Daienji

Daienji
Canon F-1, New FD 20-35mm/F3.5L, PORTRA 160NC, 2010/2/13, Meguro, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/20

本日も無事帰還


 高坂の大規模ショッピングモールが開店ということなので、そちらを避け南回りで帰る。午後は南風という予報だったが、今のところは北方向からの風で助かる。ただ、脚的にはちょっと終わっている感じで、辛いしスピードも出ない。開平橋の信号が青から黄色に変わる寸前に渡ろうとしたら、左折車が止まろうとしないので怒鳴る、、、が、怒鳴る必要はなかったとあとから反省。疲れで気が短くなっているのか。
 荒川総合運動公園の奥手のゴルフ場の脇のところを走っていると、前からポンズジャージの自転車乗り。盛永さん、お久しぶりです。でも13:30にこちら方面に向かうというのは遅出ですな~。
 秋ヶ瀬公園あたりで風向きが変わる。道満まで戻ると強い南風。まったく進まず、20km/h程度しか出ず往生する。まあ、ここかまで戻って来ていたのでラッキーでしょう。ということで本日も無事帰還。しかし、疲労困憊で廃人モード。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.82945&lon=%2b139.62237&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角煮うどん

角煮うどん 
 写真を撮りとりゆっくり走り、時間を調整して開店と同時に甚五郎に入る。お久しぶりです。
 相変わらず美味です。ごちそうさまでした。そう、久しぶりに来たら新しい自作(?)の自転車スタンドができていた。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.97110&lon=%2b139.27403&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌漬けを購入


 どこに撮りに行こうかと悩んだが、「白石峠が幻想的」と先週行った山本さんに教えてもらったのでそちら方面に進む。しかし、下から見る山には雪跡もないし、空気が濁っている。さらに、白石峠への登のは非常に辛い。ということで日和る。
 で、とき庵近くの特産物販売所で、味噌漬けを購入。ここの味噌漬けは大根を味噌だけで漬けたもの。味の素系の入っていない素朴な味でお気に入り。その後、温泉坂経由で越生に向かう。途中、川口車連と一緒に走る屋代さんとご挨拶。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b36.00258&lon=%2b139.23577&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/20:チーム練


 なんとか起きてチーム練に参加。でも起きた時点で遅れ気味、さらに向かい風で進まず集合時間ぎりぎり。
 集合場所には、石川さん、山本さん、小湊さん、志村くん、浅倉さん、志村さん、宇津、ゲストの大木さん、計8人。ほとんどの方は明日のJCRC修善寺に参加。なので清澄越えでの往復程度。私はそのあたりで抜けて、背中に積んだカメラを撮りとり散策の予定。
 開平橋から先の自転車道工事も完了したので、そちらに進む。一般道に戻ったあたりで2隊に別れる。私は後続組、浅倉さん、志村くん、志村さんと一緒。高坂前で両志村氏は折り返し、浅倉さんと私で前の隊に追いつこうとするが、信号、踏切などのタイミングなのか追いつけない。結局、清澄坂まで二人。ここで浅倉さんにはさきに行ってもらいゆっくり登る。坂を下りたところで待っていてくれた皆と再会。ここで帰る皆と別れる。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.87763&lon=%2b139.58467&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Red and Green Peppers

Red and Green Peppers
PowerShot G10, 2009/12/30, Luang Phabang, Laos

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/19

Meguro Fudoson

Meguro Fudoson
Canon F-1, New FD 20-35mm/F3.5L, PORTRA 160NC, 2010/2/13, Meguro, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/18

Sashiogi Railroad Crossing

Sashiogi Railroad Crossing
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, GOLD 400, 2010/2/28, Sashiogi, Saitama, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/17

2010年正月タイ・ラオス旅行-その8

◆2010/1/3(日) タイ・バンコク→成田
 朝起きて、昨晩コンビニ(セブンイレブン)で買ったジュースを飲む。結局これだけで夕まで何も食べなかった。昨晩お腹を壊した恐怖感がある。
 8時過ぎにホテルからタクシーで、Taling Chanの水上マーケットに行く。なかなか面白いが相方に言わせると、もう一つの有名な水上マーケットの1/20ぐらいの規模らしい。

Fried Food Shop

Salada Shop

 一通り見て回った後、遊覧船に乗ることになる。9:30発で時間ぎりぎりで、窓口で「どれぐらいの長さ」と聞いたら「3」という答え。信じられず聞き返すと「30」と言う返答に安心し、チケットを買って乗り込む。しかしこれは9時30分発という意味だったようだ。

Canal Boat Tour

Canal Boat Tour

 この遊覧船が面白い。見るもの新鮮で驚き。かなり広い地域を回る。絶叫する片言オバさんのガイドも面白い。40分ぐらい経って水上マーケットに戻ってきた、、、と思ったが、上陸したらまったく違うマーケット。ガイドに確認すると、ここを10:45発だと言う。つまりここは立ち寄り場所。最終的に3時間のツアーであることがわかる。これで99バーツと格安。

Floting Shop and Restaurant

Boat (Canal Boat Tour )

Fried Food Shop

 水上マーケットをさらに1カ所、蒸し米の販売所、魚の餌やり場などを経由し、12:20に元のマーケットに戻る。いやー、大充実。このボートツアーまで入れると本来の水上マーケットに匹敵するぐらいの見所だったとの相方談。最初の時点で「3時間」と分かっていたら乗らなかったはず。ミスコミュニケーションで結果オーライだった。
 ツアー帰着後少しだけマーケットを回り、タクシーに乗ってホテルに帰る。運転手は女性。この人の運転が今回のタイ滞在中でもっとも良かった。最短距離、安全運転で素晴らしい。降りるときチップを渡すと素晴らしい笑顔でにっこり。
 ホテル着は13:00。チェックアウトは14時。元々は12時前に帰ってきて部屋でシャワーを浴びてからチェックアウトする予定だったが、ボートツアーの時間で破綻。急いでパッキングをし、14:00ぴったりにチェックアウト。荷物をクロークに預けて、伊勢丹の入っている巨大ショッピングモールに行く。相方は食品とかシルクなどの買い物。私は腰痛で腰掛けて休んでいることが多い。

Elephant Statue (象の像)

Big-C

Colorful Sandals

 買い物後、ホテルの裏手のマーケットを回ってホテルに戻り、17:30から屋外のテーブルでビール。18:15ごろ荷物を受け取り、タクシーを呼んでもらい空港に向かい19:00ぐらいに到着。空港のレストランで食事をするが今ひとつのところしかない。食後、相方がメンバーのスターアライアンスのラウンジに行きくつろぐ。ジャックダニエルをロックで4杯ぐらい飲む。軽く酔った状態で22:30の飛行機に搭乗。で、帰国の途に着く。

◆2010/1/4(月) 成田着
 飛行機内では2、3時間しか眠らしてもらえず、日本時間4時前には起こされて朝食。朝食不要なので眠らしてくれるほうがありがたい。6時過ぎに成田着。寒い、寒い…。真夏から真冬に逆戻り。
 通関時には珍しく荷物を1つ検査される。6:30ごろ鉄道駅に着くが、適当な電車がない。上のフロアに戻り、6:50発の新宿行きのリムジンバスに乗る。リムジンバスは久しぶり。バス内では爆睡。8時前に新宿に着き、JRに乗り、9時前に自宅に帰着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/16

Meguro Fudoson

Meguro Fudoson
Canon F-1, New FD 20-35mm/F3.5L, PORTRA 160NC, 2010/2/13, Meguro, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/15

2010年正月タイ・ラオス旅行-その7

◆2010/1/2(土) タイ・バンコク
 朝8時起き。疲れているためてきぱき動けず、10時過ぎにでかける。まずはフードコートに行き朝食。しかし美味しくない。腹をこわした屋台のほうが味は良かった。
 そのまま歩いてジム・トンプソンの家に行く。屋内を案内する日本語のツアー(11:00)にジャストで参加できる。家の中は美しくなかなか感動もの。ここを出て運河沿いを少し歩き、BTSに乗りウィークエンドマーケットに行く。何も買わない私は疲れまくり。時計台の側で待つことにする。そこでうとうと。座っているときは目の前の人の流れが面白い。しかし、フランス人の無神経な集団が人の座る真ん前に立ちはだかり、彼らのでかい尻以外何も見えなくなる。不愉快。とか思っているあいだに相方が戻ってきてくれて助かる。

Celadons

Celadons

Celadons

 買い物も終わり、BTSに乗り、途中で地下鉄に乗り換えて中華街近くの駅まで行く。ここで金の仏像のある寺ワット・トライミットを見学。なかなか良い。

Wat Trimit

Relief

 その後、中華街を歩くが、新年のためかすべてお休み。さらに道に迷い機嫌が悪くなる。相方がガイドブックの地図を見つけてくれて、なんとか桟橋を見つけることができる。セントラルまでオレンジの旗の船(急行)に乗るが満員。チケット売りが来なかったので払うことができず、不本意ながら無賃乗船。

Waterbus (Orange Flag)

 そこからBTSに乗りサイアムまで戻り夕食。イサーン料理の店。地元の若い子たちが集まる店のよう。お味はまあまあ程度。しかし、食べている途中から腹具合が今一つ。この店というより昼御飯の影響か。レストランのトイレに籠もる(ぐるぐる)。
 ホテルまで歩いて戻り、ロビーのバーでビールとスピリッツを2杯ずつ。さらに地下1階のアメリカンロック系のバーで生演奏を聴きながら飲む。23:50に店を出て、0:30に眠る。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/03/14

熊ロー休憩後帰還


 山本さんは物見山で離脱しSFR。残り皆で熊ロー休憩歓談。しかし風が吹き抜け少々寒い。昨日はコーラ500mlだったが、今日は暖かい缶コーヒー。
 細沼さん、志村さん、戸井マリさん、私は帰還。飛田さん、高橋さん、屋代さんは物見山周回に、残りの皆は弓立山に向かうことになる。
 帰りは強い追い風。35km/hを超えるペースで進む。楽かというと、それなりに負荷がかかっているので辛いのだが、どんどん進むので気分は良い。ときどきローテーションもこなすが着き位置が多い。それでも脚がパンパン。
 秋ヶ瀬橋で戸井マリさん、志村さんと別れ、幸魂大橋で細沼さんと別れ残りは一人で走り、今日も無事帰還。気温も少し上がり、気持ちの良い春の練習日和。久しぶりの二日連続走りで充実した週末だったが明日は廃人モードかも。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.98568&lon=%2b139.33272&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/14:チーム練


 なんとか起きられたので二日連続のチーム練参加。集合場所には、山本さん、細沼さん、松下さん、屋代さん、石川さん、志村くん、丹羽さん、志村さん、戸井マリさん、宇津、ゲストのシャングリラ飛田さん、高橋さん、計12名と今日も盛況。練習会後、そのままJCRC川越に出場する石川さんのLook 595、BORA Ultra Twoがむちゃくちゃ格好良い。
 まずは昨日同様、熊ローを目指すことになる。走り出すが向かい風が強くキツイ。さらに昨日の疲れで脚が腐った状態。負荷を掛けると脚が痛い。
 向かい風のため、ゴルフ場脇では着き切れしそうになりアップアップ。早股橋の軽い登りでも切れかけるが、信号待ちでなんとか復帰。しかし、大東文化大坂で完全なバックアタック。戸井マリさんと二人でランタンルージュ。上で待っていてくれた志村くんに率いられて、熊ローまでの残りわずかの距離を進む。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.87749&lon=%2b139.58479&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Trees in Playground

Trees in Playground
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Pro 400 (PN400N), 2010/2/28, Omiya Undojo, Saitama, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/13

TOKYOエンデューロ 2010 Spring Editionを少し見物


 道満では自転車大会「TOKYOエンデューロ 2010 Spring Edition」が開催中。ここはTokyo(東京都)でなく埼玉なんですが…。
 レースコースの脇を通って管理橋のところまで来て少し観戦。観戦中、カーブへの進入が速すぎた選手が目の前で落車。自分の落車のことを思い出し、嫌になるかと思ったけれど、そんなこともなかった。
 10分強観戦していたけれど、その間にどんどん南風が強くなる。道満から帰る途中はその南風でアップアップ。ふー。でもここまで戻って来たところで強くなったので助かった。もっと前だったら、さらに往生していたはず。そんなこんなあったけれど、今日も無事帰還&疲労困憊。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.81985&lon=%2b139.62844&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう完全に春


 市川さんと二人でローテーションしながら走る。彼が引く時間が長いが、一部は貢献。だいたい35km/h弱のスピード。意外と速いが追い風だったからみたい。予報では南風のはずだったのだが。
 自転車道に入ってからは歓談しながらゆっくり走る、、、というより、ゆっくり一緒に走ってもらう。もう太腿パンパンで、負荷をかけると攣りそう。うーん、鈍っています。
 治水橋の先で市川さんと別れ、一人自転車道を行く。もう光も気温も風も春。気持ちの良い季節になってきた。唯一の問題点は、花粉。鼻水がガンガン出るので手鼻をかみながら帰る。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.88183&lon=%2b139.57760&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊ロー休憩


 で、熊ロー休憩。山本さんは単独、白石峠タイムアタックに向かったみたい。雪が心配で同行者はなし(雪はだいじょうぶだったらしい)。残るメンバーでしばし歓談。その後、丹羽さんは単独ロング、皆は物見山周回をすることになる。そこまで走ると廃人になりそうな私はここで離脱帰還。同じく帰る市川さんと一緒に、清澄坂経由で帰ることになる。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.98563&lon=%2b139.33282&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/13:チーム練


 集合場所に集まったのは11人。市川さん、山本さん、山ちゃん、丹羽さん、小湊さん、松下さん、志村くん、戸井マリさん、志村さん、宇津、ゲストのシャングリラ飛田さん。私だけの専売特許かと思ったのだが、長く乗っていないとか、ブランクとかを売りにする人が多い。私はレースに出ないけれど、皆さんだいじょうぶでしょうか。
 週末としては久しぶりの晴れ。暖かくなり日よりも良い絶好のコンディションの中、出発。さしあたって熊ローを目指す。
 治水橋から先、先行組に入る。と言っても高速組ではないのだが、脚のない私には辛いスピード。それでもなんとかローテーションをこなして着いて行くが、、、大東文化大坂で見事なバックアタック。同じくブランクの戸井マリさんと一緒に登る。ふー、走れなくて辛いです。山村短大坂を下っているときに、早出早帰りの河野さんとすれ違う。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.87764&lon=%2b139.58448&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Meguro Fudoson

Meguro Fudoson
Canon F-1, New FD 20-35mm/F3.5L, PORTRA 160NC, 2010/2/13, Meguro, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/12

2010年正月タイ・ラオス旅行-その6

◆2010/1/1(金) ラオス・ビエンチャン→タイ・バンコク
 8時に起きてシャワーを浴びて8:30過ぎに朝食バイキング。お粥が美味しい。国内旅行ではお粥は食べないのだけど、米の種類と味付けが違う。
 9:30にチェックアウトして荷物を預け、10時過ぎにでかける(ビエンチャンではすべて徒歩)。マーケット(タラートサオ)をちょっと見物。

Talat Sao

 その後再び歩いて凱旋門に10:45ごろ到着。この数日間、歩いてばかりで腰が痛い。このあたりで1時間ぐらいつぶす。携帯プリンターを腰にひっかけ写真をその場で印刷するデジカメ写真屋(たくさん居た)とか、女の子をナンパしようとする現地の男の子とかを見ているのが楽しい。
 その後、マーケット3階のフードコートで相方は昼食。飛行機移動とかの直前は心配で食事ができない私は指をくわえて見ているだけ…。

Patousai (Anousawari)

View from Patousai

 13時に昨日年越しパーティが行われていたワインバーに入り、ワイン。13:50にホテルに戻る。しかし、14時約束のホテル手配の送迎車が来ない。かなりイライラする。結局来たのは14:20。イライラした態度を見せて反省。空港到着は予定より遅かったが特に問題はなかった。ただ、チェックインカウンターの部屋に10分ほど入れないとか不思議なことはあった。空港のレストランでワイン。1杯だが多量。しかしお味は今一つ。飛行機はほぼ定刻の16:25に離陸。

Lao Airlines

 で、タイ再入国。タクシーを捕まえてホテルに行く。今回は安全でまともな運転。ただ、それほどの好印象はない。チェックイン後、外出しホテル近くのレストランOnce Upon A Timeで夕食。良くありそうな陳腐な名前のレストランだが、食事は美味。雰囲気も悪くない。ただ、屋外のため蚊が多い。ホテルに戻り、ビエンチャンの空港で買ったラオ酒を飲む。うーん、極楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/11

Puddle Reflection

Puddle Reflection
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Pro 400 (PN400N), 2010/2/28, Omiya Undojo, Saitama, Japan

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/10

2010年正月タイ・ラオス旅行-その5

◆2009/12/31(木) ラオス・ルアンパバーン→ビエンチャン
 朝6時起床。相方は疲れているようでなかなか起きてこない。6:30から7:00まで托鉢を見学。こういう厳かな宗教儀式が観光資源として物珍しく扱われるというのはどういうものなのだろう、、、と言う私も立派な物珍しげな観光客。ただし、禁止事項はちゃんと守る。

Religious Mendicancy

 7時過ぎからホテルで朝食。今日は団体客がいないためか、バイキングではなくオーダー形式。朝食終了後、チェックアウト。一泊72ドルか77ドルかでごたごた。これはこちらのミス。
 5万キープで空港まで連れていってくれるとのことでお願いする。シャワーを浴びて出発の準備。パッキングを済ませた後、9:15からマーケットに出かける。10時過ぎ川辺のカフェに入り、レモングラスティーとラオティーを頼む。

Auto Rickshaws

 11:15にホテルに戻り11:30に空港に。とても気持ちの良かったルアンパバーンもこれでお別れ。飛行機がなかなか到着せずイライラしたが、13:25ごろ10分遅れで出発。30分程度でビエンチャン到着。暑いあつい。ルアンパバーンは過ごしやすかったが、ここは夏の国。エアポートタクシーでホテルに向かう。エアポートタクシーは定額で楽。飛行場からもたいしてかからず、バンコクとは大違い。
 ホテルはボロだけど広い。廊下も部屋も広大。でもボロ。冷蔵庫は1980年ごろのもの。ところどころに★(星マーク)の付いたバナーが社会主義国っぽい。部屋には蚊がたくさん。夜は大変だと思ったが、なぜか刺されない。鳴き声が聞こえたヤモリのおかげか。
 ホテルで荷物を開梱すると、昨日買ったラオ酒の小瓶が割れている。大ショック。その後始末をしてから外出。暑い。夜行く店の位置を調べた後、16時半ごろレストラン近くの黒い塔(That Dam)のそばのワインバーに入る。給仕の女の子がかわいい。近くではラオス人が明るいうちからワインで酒盛り。安くないのだが裕福なのか。まあ、今日は大晦日だからね。街にはポルシェとかベンツが走っているし、中産階級以上の雰囲気の人も多そう。そう、ルアンパバーンでは日産の最新GTRを見てびっくりしたし、金持ちはいるのだろう。ワインバー後散歩。マーケット(タラートサオ)を散策。相方は土産物屋でシルクを購入。

Iron Tower without Cable

Dusk

 18時過ぎ予約した地元レストラン、スックビーマンに入る。ラープムー、タケノコスープ、牛挽肉炒め、スティッキーライス。どれも他では食べたことのない独特の味。味の素っぽい調味料が一切入っていない素朴な味付け。その中でもガピ味の牛挽肉炒めは絶品。しかし相方は苦手だったみたい。この店、店員の対応も親切で丁寧でとても良く、非常に好感度が高かった。

Soukvimane

 その後、川沿いを散策。バーベキュー屋でソーセージと揚げ春巻きをオカマの店員から買う。うーん、社会主義国とは思えない。ホテルに戻って、コンビニで買ったビールと一緒に食べるが、、、不味い。ルアンパバーンの屋台ものは美味だったが今回は大外れ。全部食べられず捨てる。この旅行で不味いものは初。
 21時ぐらいに一度眠る。22:30に目覚ましをかけたつもりだったが、ミスで鳴らない。気付くと23:30。すぐに起きて賑わっているナンプ広場のあたりにでかける。0:00、新年は多くの人が集まる噴水の近くの迎えるが、今一つ盛り上がりに欠ける。21世紀をムンバイで迎えたときの、通りでのお祭り騒ぎが懐かしい。結局、ここで時間をつぶすものもなく、ホテルに戻り0:30ごろ就寝。

New Year Party

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/09

Meguro Fudoson

Meguro Fudoson
Canon F-1, New FD 20-35mm/F3.5L, PORTRA 160NC, 2010/2/13, Meguro, Tokyo, Japan

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/03/08

2010年正月タイ・ラオス旅行-その4

◆2009/12/30(水) ラオス・ルアンパバーン
 6時に目覚ましが鳴るが、相方は起きない。私も托鉢見学はパス。7:30に起きる。普通に便通。腹具合回復、バンザーイ。8:00にバイキング会場に行くが団体客は早い時間に食事を終えて出発したようで、誰もいないし冷えている。今日は屋外で食べる。ちょっと涼しいが気持ちよい。焼きそば、野菜炒め、ソーセージ、ハム、お粥。帰室後、腹具合が元に戻っていることを確認。再度バンザーイ。
 歩いて出かける。相方は朝食後というのにカオソーイ屋でさらに食べる。しかし、カオソーイではなく、予想外のもつ煮麺だったとのこと。その後、フォーシー山に登る。360度の眺望。景色が良く、気持ちが良い。

Phousi

View from Phousi

Phousi

Around Phousi

 下りは裏手に降りて歩き、川辺のカフェでビール。11時半、再び歩いて中心部まで戻り、相方は絵はがき購入、私はその間、ATMで出金。その後、一昨日のカフェで昼食。ラープチキン、汁ソバ。麺は今一つだったが、スープは美味で満足。

Mekong River

 13:45、美術館に行く。ここは元王宮。でも貧乏な王様だったという感じ。

Luang Prabang National Museum

 その後、ホテルに戻り昼寝。17:30に起きて散歩。遠くまで歩く。
 日暮れ後、ワインバーでワインとビール。極楽。その後、夜市で買い物多数。スリッパ、シルク、酒、コーヒー、絵、さらに揚げ春巻。

River Side

Paper Umbrella Shop

Lamp Shop

Night Market

 20:20過ぎホテル左先のレストランに入る。竹の子に豚肉を詰めたもの(美味)、海苔、パパイヤサラダ(固すぎ)、野菜スープ(美味)、蒸し米(冷たい)。サーブするおねえさんの態度が冷たい。味は良いが二つの冷たさでポイントを失う。ホテルの部屋に戻り、春巻とミックスナッツとラオ酒で二次会。22時過ぎ就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/07

映画:狼やくざ 葬いは俺が出す/浪人街/昭和残侠伝

映画:狼やくざ 葬は俺が出す/浪人街/昭和残侠伝
黒木和雄監督の「浪人街」がかかっているので観に行く。併映は苦手なヤクザ映画、さらに印象の良くない浅草の映画館だけれどしかたない。だったら「浪人街」だけ観て帰ればいいのだが、「せっかくだから」と貧乏根性。

---------------
狼やくざ 葬いは俺が出す ★★☆☆☆

浪人街 ★★☆☆☆
 ムードはあるが少々破綻気味な出来映え。最後の立ち回りの長さ、勝新の最後の行動の唐突さ、立ち回りに向かう石橋蓮司が白装束に着替えたこと(一刻を争う時なのに)、馬に乗って現れる田中邦衛、、、他にも違和感を感じて映画の世界に浸ることが出来きれなかった。話の終わらせかたも今一つ。これは元作品に引っ張られているところもあるのだろう。出演陣では、樋口可南子 、石橋蓮司が好演。原田芳雄、田中邦衛はまあまあ。勝新太郎の演技に切れがなく、活舌も悪く今一つ。映像的には美しいシーンが多かったし、話、演技に光るものはあったのだが少々残念な出来映え。

昭和残侠伝 ★★★★☆
 ヤクザ映画は苦手。でもシリーズ9作の最初になった作品だし、高倉健の「死んでもらいます」のセリフは一世を風靡した。そのようなところがよく分かる、ある種の様式美に近いものがある。とにかく「正義の」ヤクザ(テキ屋の元締め)が悪の新興ヤクザに卑怯な真似をされ、耐えにたえたのち爆発するところの説得力があるようにうまく作られていることは感銘。出演陣も高倉健をはじめ皆好演。梅宮辰夫がとてつもなく若く、まだ太っていない姿に驚く。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.42.53.28&lon=%2b139.47.36.42&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Paper Lantern in Alley

Paper Lantern in Alley
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Neopan 400 PRESTO, 2010/2/13, Kagurazaka, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/06

農業少女

農業少女
 野田秀樹の小規模演劇の松尾スズキ演出での再演。松尾スズキは初演の際、都罪役で出演していたらしい。野田秀樹が芸術監督をつとめる東京芸術劇場での公演。
 先日、タイバージョンで観ていたが、この日本バージョンは面白い。タイバージョンではイヤホンによる同時通訳だったが、日本語で観ることができるといろいろな点が新鮮。野田の脚本がもつ言葉遊び、ツツミが「都の罪」と書くこと、それ以外にもいろいろな発見がある。さすが野田といえる脚本。
 演出もそつない。ビデオカメラとディスプレイ、動画を投影するプロジェクターなどを使ったことは賛否両論あるだろうが節度のある使い方で、CMを流すところ以外は悪い印象はいだかなかった。ただ、一緒に行った家内は松尾スズキ独特のバタバタした演出が好みでなかったようだ。
 出演陣は、多部未華子につきる。動きも良いし上手く、生きいきした魅力にあふれ好印象。他の三人は今一つ。初演では山本を野田、都罪を松尾スズキがやったはずだが、その二人と比べると山崎一、吹越満はだいぶ落ちるのではないか。残りの江本純子は活舌も悪くてがっかり。

【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b35.73046&lon=%2b139.70825&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も無事帰還


自転車道経由道満まで戻り、一人周回。だいたい30km/h弱、10分ぐらいのペース。雨は降りそうでふってこない。でも路面は少し濡れているし、西の空は今にも降りそうな感じ。おかげで自転車乗りも、散歩している人も少ない。ここで3周走って終わりにし、帰宅。ということで50km、2時間程度の軽いラン。
なぜかこの2枚の写真はボケボケ。マクロは外しているはずなのだが…。壊れたのかと思ったが、その後撮ったものはだいじょうぶだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3/6:チーム練に顔出し


朝5:45起き。スパゲティを食べ、準備をして6:40に家を出る。今週末も天気が良くない。これで3週連続か。朝早いうちは持ちそう。ただ、後ろの予定も詰まっているので少しだけの予定。道満まで行き1周回ったところの管理橋で山本さんに遭遇。すれ違って気付く。しまった、練習会集合地点に顔出しするつもりだったので、彼についていけば良かった。
結局、道満表側をとおり、秋ヶ瀬の土手上、その先は一般道経由で荒川総合運動公園の集合地点に到着。集まっていたのは山本さん、岡部さん、松下さん、志村くん、志村さんの5人。皆はさしあたって物見山まで目指すらしい。ご挨拶して私は帰還。次はちゃんと参加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Night Light in Rain

Night Light in Rain
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Neopan 400 PRESTO, 2010/2/13, Kagurazaka, Tokyo, Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/05

2010年正月タイ・ラオス旅行-その3

◆2009/12/29(火) ラオス・ルアンパバーン
 5:30起き。5:45に托鉢を見に出かける。メインストリートの奥の方まで行かなくてはいけないかと思っていたら、ホテル近くで待つ人たちがいる。どうもこのあたりでもあるようだ。相方は道の反対側で待っているが、あっと言う間に知らない観光客の一行と仲良くなって記念撮影をしているので愕然とする。
 6時半近くになりやっと托鉢僧がやってくる。禁止のフラッシュを焚く人が多数。列の邪魔もするし、節度もあったもんじゃない。

Waiting for the Monks

Religious Mendicancy

 托鉢見学後、ホテルに戻り少し休んだ後、朝食。結婚式会場かと思った飾り付けのあるホールが朝食バイキング会場だった。醤油系焼きそば、お粥が美味。
 9:00にホテルを出て、レンタサイクルを借りる。自転車の代わりにパスポートを預ける。まずホテルから右側の方向(南東)に向かい、少し行ったところを左折。ワット・ビスンナラートに行く。石造りの仏塔が目玉のところ。
 次に川沿いの気持ち良い通りに出る。ここでちょっと休んで撮影。

Wat Visunnalat

Namkhan River

 その後、北東の端まで行き、ちょっと迷ったけれどワット・シェントーンに行く。ここが一番有名なお寺。なかなか豪華で綺麗。飾られていた霊柩車が駆動装置のない単なる台車なのに驚く。

Wat Xiengthong

Wat Xiengthong

Wat Xiengthong

Wat Xiengthong

Head of the Hearse

 次に川沿いのカフェで昼食。魚のラープとスープ。スープが美味。でも腹具合が心配で少ししか食べない。
 昼食後はワット・パバートタイ。ベトナム風の寺とのこと。川の近くで気持ちが良い。

Mekong River

 さらに次はワット・タートルアン。お堂の中が静か。ちょっと日本的な寺のような感じ。ここも気持ちが良い。

Wat Thatluang

 最後にバザール(タラート・ダラー)に寄るが買うものはない。少しだけ遠回りをして自転車を返しに行くが、借りたオバさんが居ない。相方が探しに行ったが見つからない。近くで営業しているマッサージ屋さんが電話で呼び出してくれる。とても親切。で、なんとか自転車を返して、パスポートも返してもらう。ここで15分ぐらいつぶしたかな。
 一度、ホテルに戻りシャワー。短パンで外出。散歩の後、夕食にでかける。

Main Street of Luang Phabang

Dusk of Mekong River

 食事は、ガイドブックお勧めのパークファイミーサイ。フライドソーセージと牛のシチュー。どちらも今一つ。特に牛のスジの煮込みが足りない。短パンだったため蚊にたくさん喰われる。食後は、ちょっとお腹が不安なので急いでホテルに戻る。
 19:30、相方は夜市に出かけるが私は腹具合が悪くでかけれらない(がっくり)。ということで留守番。20:40ごろ相方帰着。土産はラオ酒2本。笹で包んだ豚肉の蒸しもの。美味。バンコクで残ったミックスナッツと合わせて飲む。楽しい。お腹ももつ。22時過ぎ就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/04

The Moon of Blue Scene

The Moon of Blue Scene
Canon F-1, New FD 50mm/F1.2L, Pro 400 (PN400N), 2010/2/28, Toda Boat Course, Saitama, Japan

目で見ると真っ暗な空だったが、日暮れ直後でまだ若干明るさが残っていたようで青く写る。
使ったフィルムの特性もあるのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/03

2010年正月タイ・ラオス旅行-その2

◆2009/12/28(月) タイ・バンコク→ラオス・ルアンパバーン
 6:00起床。腹具合は今一つで不調気味。7:30チェックアウト。チェックアウト時に確認するが昨日のインターネット予約は通っていない。でもフロントの話ではもう少しかかるのが普通ということ。荷物は預かってくれるということで、不要な衣類などを預ける。これだけで数キロあるので楽になる。
 タクシーを呼んでもらい空港に。運転手は300バーツと言う。我々はメーターを主張。運転手は高速代75バーツ払えと言う。我々は50バーツでは?と返す。運転者は笑いながら、君たちは知らないと言う。とにかくメーターで行ってもらうが、実際75バーツかかる。空港までは307バーツ。多めに出してお釣りはチップ。このタクシーは好印象だった。
 空港でも腹具合が今一つ。ボーディング前に無料インターネットを利用しているとほぼ最終搭乗。飛行機は片側2列。約40人ぐらいのプロペラ機。機中でも腹痛で下痢。でも朝食のランチボックスのリンゴは食べる。

 ルアンパバーン、というよりラオスは日本人はビザ免除。必要なヨーロッパ人が並ぶ脇をさっと出られる。ホテルの出迎えもあり、順調にホテルまで。
 チェックイン後、散歩。屋台で恵はカオソーイ。私はビールだけ。さらに岸辺のカフェでビール、ラープムー。ここで抗生剤を飲む。

Sakkaline Street

Alley of Luang Phabang

Fruit Shop in Market

Market

 ホテルに戻り昼寝。起きるともう暗い。
 で、ガイドブックにあるナイトマーケットにでかけてびっくり。規模が大きいしきれいだし、賑わっている。

T-Shirt Shop in Night Market

Lamp Shop in Night Market

Lamp Shop in Night Market

Night Cafe

Night Market

 一回りした後、ホテル近くの小径のゲストハウス付属のレストランに入る。混んでいたから入ったが外れ。団体客だったのかな。食べたのはバジル豚肉炒め、モヤシ炒めなど。ホテルにもどって1時間で下痢。うーむ、ダメ。また抗生剤を飲む。22時就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/02

上海バンスキング

 オンシアター自由劇場での最後の上演から16年ぶりの再演。友人と手分けしてなんとか2回分のチケットを押さえる。1回目の2/26は2階席の最前列。2回目の3/2は1階の中央真ん中より少し後ろ。遠かった1回目よりは良いが、やはり表情などは分かりにくい。でも、俳優たちの老けたところは目につかない。
 とにかく自由劇場のメンバーによる上海バンスキングを再び観れたことで大満足。出来については、以前の完璧さはない。特に吉田日出子。セリフが出てこないところや歌詞を間違えたところもあった。それでも、そこいらの芝居なんかよりはるかに上の上。十分堪能した。年をとっても吉田日出子は、彼女にしかできない浮遊感のある「まどか」だった。それは笹野のバクマツ、真那胡のラリー、小日向の弘田も同じ。とにかく嬉しくて、ロビーでの最後の演奏からメンバーが戻るとき、「ほんとうにありがとう」と声をかけてしまった。
 そう、もう一つ感じたのは、斎藤燐のシナリオが完璧であること。演出的な巧さもあり感服してしまった。本当に良くできている。
 年齢と衰え、それぞれの人気を考えると、このメンバーとしては本当に最終最後の上海バンスキングになるような気がする。それはとても寂しいことだが仕方がない。でも、吉田日出子に代わる新たな「まどか」を見出し、この演劇は将来にわたって生き残っていって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sunset After the Rain

Sunset After the Rain
Canon F-1, New FD 24mm/F1.4L, Pro 400 (PN400N), 2010/2/28, Omiya Undojo Playground, Saitama, Japan

一昨日(2/28)の収穫、その1。その2以降も順次紹介。
太陽の光芒の足は8本(八芒星)。調べてみるとやはりNew FD 24mm/F1.4Lの絞り羽根は8枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/01

2010年正月タイ・ラオス旅行-その1

 今年の正月のタイ・ラオス旅行の写真などを少しずつ紹介していきます。

◆2009/12/26(土) 成田→タイ・バンコク
 朝8時起床で旅行準備。11時、相方のタイ料理の先生への土産のためのお椀を買いに外出。100円ショップでお椀20個購入。12:50タクシーで最寄り駅に行き、13:30池袋発のNEXで成田。17時の飛行機でバンコクに向かう。荷物は機内持ち込み。機内の席は最後尾。ちょっとトイレが臭うが、前後左右のスペースは余裕があり楽。機内食はカレーを食べる。バンコクに着いてタクシーでホテルに向かう。しかしどうも遠回りされてボラれた感じ。運転中に携帯かけまくっているし、非常に印象悪い。0時過ぎ、日本時間の2時過ぎ就寝。

◆2009/12/27(日) タイ・バンコク
 朝起きて準備をして9時ごろ部屋出る。正月明けのバンコク二日間の予約はとっていなかったが、このホテル(Amari Watergate Hotel)は悪くないのでここに決める。フロントで頼むとインターネット経由でないと高いとのこと。しかたないのでホテルのビジネスエリアのパソコンを借りてインターネットから予約を入れる。そんなこんなでホテル出は9:30。

Pratunam

 今回、バンコクのホテルは朝食なし。腹ぺこなので、サイアム方面に向かってちょっと歩いたところで屋台の麺を食べる。とても美味。しかしこれがトラブルの元。

Thai Noodle

 サイアムのショッピングモールを散歩。BTS(高架鉄道)に乗って川岸まで。セントラルの船着き場からオレンジの旗(急行)の船で8番の船着き場に。一人14バーツ。そこから対岸のワット・アルーンに渡し船で渡る。3バーツ。ここはとても良いところ。

Chao Praya River

Wat Arun

Wat Arun

Wat Arun

 再び川を渡り、世界最大の涅槃像のある寺に。ここは今一つの印象。
 下の写真は川を渡ったところにあった干し魚の店。

Tha Tien

 ここから1ブロック歩き、旧王宮の寺ワット・プラケオ。キンピカだがまあまあの印象。

Wat Phra Kaeo

Wat Phra Kaeo

 ここで腹痛。不調でトイレ。いろいろ考えた末、あまりに腹具合が悪いので、私はタイ料理の先生宅訪問はパスさせてもらう。相方が携帯で先生に連絡。
 9番の船着き場付近のパラソル下の屋台がとても綺麗。しかし写真はうまく撮れない。船に乗りセントラルの船着き場まで戻る。船着き場近くのホテルの庭でビール。その後、BTSに乗り、ホテル近くの駅で降り、ショッピングモールで土産のワインを買いホテルに戻る。相方は遅刻気味で機嫌が悪いが、5時過ぎに出発。私は爆睡。1時間近く眠って起きて、ホテル近くを1時間ほど散策。コンビニでビール、コーラ、パンを購入。貧相な夕食。相方は22時近くに戻る。23:30ごろ就寝。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »