« 八高線踏切 | トップページ | 今日も無事帰還 »

2009/04/18

甚五郎で昼食

甚五郎の開店まで1時間近くあるので時間を調整することになる。桂木峠往復は2回登るのが嫌でパス。結局、一本杉峠に向かい、適当なところで折り返すことになる。ここも最初のほうは斜度があり辛い。周りが開け、右にUターンするところまで走り、折り返す。降りてみると時間が余る。結局、大満から龍穏寺に向かう道を少し散策する。途中で折り返すが、ここから山猫軒経由でグリーンラインまでつながっているようだが未舗装区間はあるのだろうか。また、あじさい公園に向かう分岐もあるが、コンクリートの激坂。いずれにしろまた散策したい道。
結局11:15ぐらいに甚五郎着。本日は肉うどん(美味です)。食べ終わった後、甚五郎のマスターと東上線広報誌の取材や、その他もろもろの雑談をする。

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.58.16.41&lon=%2b139.16.27.57&fm=0

|

« 八高線踏切 | トップページ | 今日も無事帰還 »

コメント

猿岩線ですね。
http://yajima.ath.cx/~arakawa/time/kasasugi/touge.php

今シーズン3回登りましたが、序盤は10%超えている感じですが、まっすぐ顔振り峠の少し先にでるので一気にグリーンラインに上がりたい場合は便利です。

舗装には問題ありません。

清流線での登って一本杉で降り、そのまま猿岩線で登り返し白石辺りでとき庵に下りて蕎麦、という周回コースがお勧めです(笑)

投稿: うちいけ | 2009/04/21 09:03

いえいえ、猿岩林道ではないんです。猿岩林道は何回も通っています。ただし全て下りですが…。今回のところは、もっと手前を右折です。

投稿: ひゅ~ず | 2009/04/21 10:42

ご無沙汰しております。数年前にグリーンライン側から下った時は、数百メートルの未舗装区間がありました。それより、舗装区間がかなりのコケ生し状態でして、コケないように下るのが必死だった思いがあります。今度散策して、状況が変わっていたら、報告お願いしますね!龍穏寺もなかなか趣きがあってよいですよ。

投稿: と~ます | 2009/04/21 13:25

やはりダートはありそうですね。さらに山猫軒の位置も変わった模様。とにかく近々、登れるところまで登ってみようかと思います。そう、脇しか通らなかったけれど龍穏寺は良い感じでした。

投稿: ひゅ~ず | 2009/04/21 23:03

梅本線というんですね。
http://blogs.dion.ne.jp/yocchi_orca/archives/3067781.html
グリーンラインから見えた部分はきれいだったんですが・・・
今度調べてきます。

投稿: うちいけ | 2009/04/22 00:18

こんにちわ。昨日車で飯能に出かけ、顔振峠から、関八州見張台を抜け、時間が遅くなったので、下に下りようとして、右折する車が見えたので入り込んだ所、舗装はしてありますが、狭い急な下り坂に入り込み、がけから砂利は落ちているは、くずれた後はあるは、植物が道に張り出しているは、水が下に流れているは、車が最近通っていない道にまよいこみました。途中から急にアスファルト舗装がなくなり、とうとうくだりなのに、水で道路が深くえぐられ、ラリー者でも厳しいような坂道をいきおいで降りてきて何とか救われたおもいがしました。地図を持っていなかったので、本日地図を購入し、龍穏寺のメモしていましたので、確認した所山吹道路らしことがわかり、この道路についてサイトを見つけ、投稿した次第です。この道路は昨日の時点で本当に危険で、急カーブが水で深くえぐれとても自転車、オートバイで通れる道ではありません。しかしながら、山上では道路危険の標識もありませんでしたので、通ってしまいましたが、十分気をつけられた方がいと思い投稿しました。

投稿: hidekun | 2010/07/19 12:59

hidekunさん、コメントありがとうございます。結局、私はここに書いて以降行っていませんでしたが、かなり荒れた状態のようですね。貴重な情報を本当にありがとうございました。

投稿: ひゅ~ず | 2010/07/22 21:13

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甚五郎で昼食:

« 八高線踏切 | トップページ | 今日も無事帰還 »