« 自転車レースネタ二つ | トップページ | 手抜き一人飯(飲み) »

2009/03/19

OLYMPUS OM-1を入手

 folomyの自転車フォーラムFCYCLE(←書き込みには登録が必要)でのカメラ談義の中で話題に上り、欲しくなってしまい入手。
 中学2年生のときに、同級生が発売直後に購入したものを触らせてもらった。私が生まれて初めて触った一眼レフカメラだったと思う。当時自分が持っていたキヤノネットQLとボディサイズは変わらず、とてもコンパクトだった。その後、高校になってニコンやキヤノンの一眼レフを触る機会があったが、それらと比べてOM-1、OM-2のコンパクトさは別格だった。アサヒペンタックスあたりからも小型軽量の一眼レフが追従して出てきたが、OM-1、OM-2の洗練された感じにはとても敵わない。

Img_2589

Img_2601

 通常、シャッター調整ダイヤルは軍艦部のシャッター近くにあるが、OM-1ではレンズマウントのところにある。また、絞り調整リングはレンズの先。変わった配置だが、左手だけでシャッタースピード、絞り、距離を合わせられる操作性は秀逸。
 軍艦部は至ってシンプル。ASA(ISO)調整ダイヤルが大きめだけど、洗練されたデザイン。ペンタ部に着脱可能なホットシューを付けることができるが、外したほうが美しい。機能的にはシャッターロック機能がないのが残念。

Img_2607

Img_2615

 Canon F-1と比べると、そのコンパクトさが際立つ。上の写真は、同じラインに並べているのだが遠近あるように見えてしまう。
 Canon F-1(FD55mm F1.2 S.S.C.)は1330g。OLYMPUS OM-1(ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8)は675g(本体510g、レンズ165g(実測))と、ほぼ半分。重厚長大なF-1と小型軽量のOM-1、対極にある一眼レフかも知れない。これだけ軽くて小さいのは素晴らしいことだが、その分、手振れには気をつけなくてはならない。
 手にしっくりくる感じ、操作の気持ちよさ、コンパクトさ、洗練されたデザインとかなり気に入っている。最初はコレクション用と思って入手したけれど、やはり実用していこうと思う。そのためにはレンズを…(泥沼)。

(※撮影はすべてCanon PowerShot G10

|

« 自転車レースネタ二つ | トップページ | 手抜き一人飯(飲み) »

コメント

おー,自分はOM-2nを愛用していたのでOMシリーズには愛着があります。
購入にはOM-10が発売された直後で迷いました。
小さいということではPentaxのME-SUPERも出たばかりでした。
小ささ比べでは負けててちと悔しかったり。
Canon F-1も持ってた友人がいたっけなぁ。NIKONのFやF2と同様にカメラの王様って感じだった。そして時代はF3へと動いて。
なつかしい。

投稿: munetc | 2009/03/19 13:42

Munet/Cさん、お久しぶりです。
確かに、懐かしい時代モノですよね。そういうものに今更手を出している自分に呆れております。

投稿: ひゅ~ず | 2009/03/20 11:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OLYMPUS OM-1を入手:

« 自転車レースネタ二つ | トップページ | 手抜き一人飯(飲み) »