« 自転車の音鳴り・異音への対処 | トップページ | 米中経済同盟を知らない日本人 »

2008/11/26

新城幸也がブイグテレコム移籍

やはりこれしかないでしょう!「祝! そして、カンバレー!」

新城幸也がツール・ド・フランス常連のブイグテレコムへ
新城幸也がブイグテレコムへ移籍

|

« 自転車の音鳴り・異音への対処 | トップページ | 米中経済同盟を知らない日本人 »

コメント

ツールの可能性がかなり高まってきましたね。ヨーロッパ選手的にはパンチャーでしょうか。個人的にはベッティーニのような走りができるのではないかと期待しています。問題は3週間のレースは未経験、その体力があるかないかだけですね。

投稿: asa | 2008/11/26 01:44

フランス国粋主義のチームで大変そうな気がするけれどがんばってほしいものです。ある程度の結果を出せば、それなりのレースへの出場は見えてくるでしょう。それはそうと、「パンチャー」って初めて聞きました。スプリンター、クライマー、ルーラーあたりが定番ですが…。

投稿: ひゅ~ず | 2008/11/26 07:50

「パンチャー」はヨーロッパではかなりメジャーな呼び名のようです。何度もアタックを繰り返したり、短距離スプリントが出来る脚質の選手を示すようです。クラシックハンターのほとんどはこの部類だとか。確かにベッティーニは他の部類には分類しにくいですよね。フレイレ、フレチャ、レッベリン、(数年前の)バルベルデ…結構います。
ヨーロッパで「ルーラー」というのはたしかフランスのみで、一般的には「スピードマン」と呼ぶようです。
他に一般的な呼び名は、「クライマー」「クロノマン」「スプリンター」「オールラウンダー」のようです。

投稿: asa | 2008/11/26 12:31

大昔のNHKのツール放送で学んだ大古の知識では、クライマー、オールラウンダー、スプリンターの3分類でした。クロノマン(TTスペシャリスト)、スピードマン、パンチャーというのは当時は流布してない名称でしたね。あとルーラーとスピードマンというのは同一なんですかね。私の感覚からすると、スピードマンは長い逃げもかますけど、ルーラーはゴール前2~3kmでのアタックからの一人逃げっていう感じなんですけれど(世界戦でのバッランとか)。間違ってるかな……。
そう、フレイレは時として逃げには加わるけど、基本的にはスプリンターでしょう。また、バルベルデはツールの超級ステージに勝てる実力があるのでパンチャーというのは「?」な気がします(当人は言っているようですが、、、http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=9473)。

投稿: ひゅ~ず | 2008/11/26 19:18

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新城幸也がブイグテレコム移籍:

« 自転車の音鳴り・異音への対処 | トップページ | 米中経済同盟を知らない日本人 »