« 肉そば@そば処 錦 | トップページ | チーム練アクセス »

2008/10/31

そば酒房 福島

そば酒処 福島
ネタがないので、また蕎麦。福島県のアンテナショップの十割蕎麦。大盛り850円也。毎日その日のそばの産地を掲示しているが、この日は長野県木曽町産。あれ福島産以外のそばも出すの?
うーん、お久しぶりだが表面がツルツルし過ぎで堅すぎ。盛りの量と蕎麦つゆは平均的。値段の価値はないか。やはりここらでは、松翁、九段一茶庵、たかせ以外は少し落ちる。

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.41.26.46&lon=%2b139.46.01.81&fm=0

|

« 肉そば@そば処 錦 | トップページ | チーム練アクセス »

コメント

実は、木曽福島のアンテナショップ、って言うことはないですよね(笑)

http://railway.jr-central.co.jp/station-guide/tokai/kiso-fukushima/index.html

投稿: お@乗り鉄 | 2008/10/31 15:05

十割そばは苦手です。個人的には、海藻つなぎの十日町へぎそばが最高です。スルスルいけるのど越し感がいいんです。
江戸っ子じゃないですが、そばは喉で食うもの、なんて言うくらいですからね。

投稿: asa | 2008/10/31 19:19

うーん、新潟のへぎそばは苦手ですね。水沢うどんの喉越しをもった蕎麦って感じが、私には妙なんです。
でも、長岡行ったらまた食べるでしょうね。

十割蕎麦も挽き立てを、自分で(師匠の教え通りに)打って、直ぐに茹でて、直ぐに食べたら最高でした。
http://amat.cocolog-nifty.com/amat/2006/11/post_7.html

その同級師匠も、突然逝っちゃってもう2年です...
山形の良い思い出です。
また行きたい銀山、永澤屋。

投稿: amat | 2008/10/31 19:49

>おおみさん
当初は「福島県」から始まったアンテナショップだったようですが、今は全国どこでもって感じらしいです。
http://www.npo-furusato.or.jp/soba/soba-fukushima-guide.html
それにしても、おおみさんが「乗り鉄」というのは意外です。

>asaさん
海草つなぎの新潟系そばは2回しか食べたことがないですが、ちょっと硬い印象。最近は、表面が適度にざらざらして、適度の硬さ(硬すぎない)の水っぽくない蕎麦が好きです。

>amatさん
十割蕎麦ってあまり美味しいものを食べた記憶がないです。やはり硬さと食感のコントロールの問題でしょうか。ただ、十割蕎麦もあまり食べた機会は多くないような…。
蕎麦を自分で打ってみたい気もするのですが、とにかく部屋が粉だらけになるのと、蕎麦粉の選びと管理が難しいので手を出さない予定です。筋トレにはなりそうなのですが…。

投稿: ひゅ~ず | 2008/10/31 20:41

自宅における蕎麦打ちと珈琲豆の自家焙煎は家中に掃除機のお世話になるものが広がる2大原因と言われています。
くれぐれも趣味にせぬよう、わたしにはとお告げがありました。蕎麦用つゆ用にに返しは作っていますが(w

投稿: うちいけ | 2008/10/31 23:15

「蕎麦打ち」はオヤジ趣味、特に隠居後のオヤジ趣味の定番みたいですね。いろんな講座や通信教育があり、打ち粉で家が真っ白、さらに不味い蕎麦を食わされたりと、家族の悩みも尽きないようです。私の場合、「流行っている小粋な趣味」という時点で「もういいや」となる天邪鬼なんで、おそらく手を出さないでしょう。

投稿: ひゅ~ず | 2008/11/01 18:42

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そば酒房 福島:

« 肉そば@そば処 錦 | トップページ | チーム練アクセス »