« 映画:迷子の警察音楽隊 | トップページ | シューマッハもCERAポジティブ »

2008/10/06

CASA DE FUJIMORI

CASA DE FUJIMORI CASA DE FUJIMORI
カサ・デ・フジモリ目黒店
に15年振りぐらいに来る。
小海老のオリーブ油焼が絶品。羊のグリル、パエジャ、リオハのワインもなかなか美味いが絶品まではいかないか…。
満足だけどお値段もそこそこ。でも雰囲気も居心地も良いのでまた来たい(また15年後か?)。

|

« 映画:迷子の警察音楽隊 | トップページ | シューマッハもCERAポジティブ »

コメント

オリーブ齧ってハモン・セラーノをもさぼり喰って安ワインをがぶ飲みしたくなりました!油でギトギトのパエリア鍋に焦げ付いたサフランライスを・・・・・
スペイン〜地中海料理って日本国内では十年一日のごとく進化がなかったかもしれませんね。生ハムが入手しやすくなったくらいでしょうか?フレンチのように日本国内だからこそ発揮できる強みを活かせるようになれば一気に進化すると思うのですが。

投稿: うちいけ | 2008/10/08 11:10

ハモンイベリコ、ハモンセラーノ、チョリソなどスペインものは大好物です。うー、よだれが出そう。スペインの肉(生ハム、チョリソ)が輸入解禁されてまで7、8年なんですよね。最近は良質のものが比較的安価に(と言っても高いですが)手に入るようになって嬉しいです。時々グルメミートワールド(http://www.gourmet-meat.com/)でミニ原木とか買っています。

個人的な印象では、日本のスペイン、イタリア(地中海系)料理は素材勝負でソース類などに凝らない、フランス料理は凝った芸術品という印象があります。ただ、(そんなに何食も食べてないので自信ないけど)パリの場末の料理屋はもうちょっと素朴だった印象です(で、素材勝負、素朴なほうが好きだったりします)。

投稿: ひゅ~ず | 2008/10/09 00:04

実はうちの近所のショットバーで坂戸産(豚の産地はまたそれぞれ)の生ハムが喰えるんですが
http://www.lohasclub.net/lcn_news/2006/05/at.php
基本的にグレインフェッドなので脂の部分がドングリ系の味で美味しいですよ。カルディなどでスライスが手軽に入手できないのが玉にキズですね。

投稿: うちいけ | 2008/10/09 00:42

"グレインフェッド"、"カルディ"、知らない単語で思わず、「セラーノ工房」と一緒にWeb検索してしまいました(無知な私)。この坂戸産はなかなか手に入りにくいようですね。ただ、今のところは自宅冷蔵庫で冷凍してあるハモンイベリコがあるので一応満足しております。

投稿: ひゅ~ず | 2008/10/09 17:29

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CASA DE FUJIMORI:

« 映画:迷子の警察音楽隊 | トップページ | シューマッハもCERAポジティブ »