« 今日もなんとか無事帰着 | トップページ | こたやんと昼食 »

2008/10/14

パリ-ツール

 久しぶりのボロボロ練習疲れの昨晩、マッサージ椅子で朦朧とした後、日曜夜に予約録画したパリ-ツールを一日遅れで見る(で、さらに一日遅れた本日感想をアップ)。いやー、最後の30分のめまぐるしい展開の変化に引き込まれる。面白い。そして待っていた最後の結末に単純に感動する。
 アシストの自分を捨てた献身的な動き(ある種の賭け)に、エースがきっちり応える。素晴らしい。世界戦に続き、これまたロードレースの別なかたちの醍醐味を見せてくれた。勝ったジルベールと同じレベルでドラージュの貢献が光り、目立つレースだったな。ああ、今回も堪能。こういう感動があるから、ドーピングスキャンダルがあってもプロロードレースを見捨てることができない。

|

« 今日もなんとか無事帰着 | トップページ | こたやんと昼食 »

コメント

パリ・ツールおもしろかったですね。世界戦に続いてはらはらどきどきなレースを連続で見ることが出来て幸せ。
パリ・ツールは平坦とはいえしっかりアップダウンがあるし、おもしろいレースになりやすいのかもしれませんね。何年か前にエリック・デッカーが長距離逃げ&捕まったあとにもう一度逃げて勝ったのも感動ものでした。たしか、エディ・メルクスはクラシックの中ではこのパリ・ツールにだけ勝っていなかったのでは。
コールのドーピングでまたまたがっかりしましたが、それでもプロロードレースはおもしろいです。

投稿: コナ | 2008/10/14 16:28

パリ-ツールは、ゴール20km前からあるアップダウン、入り組んだ路地が曲者なんでしょうね。
それにしても、あそこでジルベールが追いつかなかったらドラージュの鬼引きはなかったので絶対に集団ゴールになっていたはず。そのドラージュの引きだってジルベールが勝てる保障がないところでの献身的なアシストですからね。また、ジルベールが単独でなくフレイレやポッツァートと一緒に追いついたらまた違う展開になっていたはずだし、本当に微妙な展開のアヤのあるレースで手に汗握りました。こういうのがあると辞められないです。

投稿: ひゅ~ず | 2008/10/14 21:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリ-ツール:

« 今日もなんとか無事帰着 | トップページ | こたやんと昼食 »