« 映画:悪魔が呼んでいる/青春トルコ日記 処女すべり | トップページ | 映画:実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 »

2008/08/24

映画:女体渦巻島/電送人間


雨で自転車はパス。今日もシネマヴェーラ渋谷の「妄執、異形の人々」に行くのであった。

---------------
女体渦巻島 ★★★★☆
 1960年、石井輝男監督作品。由緒正しい(?)ギャング系のハードボイルド調のストーリー。映画会社は違うが、渡り鳥シリーズとかのハードボイルド版って感じ。ただ、なんでこんなタイトルを付けたのかまったく理解に苦しむ。あまりにもオーソドックスな舞台設定とストーリー展開なのだが、その典型的さが逆に不思議な印象を与える。ベタベタなストーリー、かつ展開が遅いこともあり、時計を何回か見たけれど、それほど退屈したわけではない。
 16mmフィルムでのシネスコサイズ上映だったためか、画面が暗く上下が少し切れている。なので映像的に正しい評価ができるか分からないけれど、適切な角度と画角での撮影、カットとシーンの切り替えの巧妙さが目立つ。音楽の使い方もうまく、倦怠感の漂う独特の魅力ある雰囲気をかもし出している。

電送人間 ★★☆☆☆
 これも1960年の作。こんなB級作品なのに、なんと鶴田浩二主演。円谷英二本多猪四郎が特撮監督。特撮といってもフィルムに直接、光の線を描き込んだり、画像を光学的に歪ませる程度。この50年間のSFX、画像処理技術の進歩に想いがいく。
 ストーリー的にはSFというより怪奇サスペンスっていう感じ。シナリオ的にも映像的にも、あまり感銘は受けない。特にシナリオ。復讐に至る心理、博士との関係、殺される悪漢たちの薄っぺらな描き方、どれをとっても今一つ。うーん、キッチュではあるにしろ、この特集でわざわざ取り上げるほどの作品なのだろうか。

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=1&unit=0&lat=%2b35.39.23.08&lon=%2b139.41.55.16&fm=0

|

« 映画:悪魔が呼んでいる/青春トルコ日記 処女すべり | トップページ | 映画:実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:女体渦巻島/電送人間:

« 映画:悪魔が呼んでいる/青春トルコ日記 処女すべり | トップページ | 映画:実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 »