« 街角スナップ | トップページ | 8/20:道満朝練 »

2008/08/19

キューバは体制崩壊直前?

 あまり大きな扱いの記事ではないけれど、これが物語っているのはもしかするとキューバの政権、、、どころか体制(社会主義体制)が、崩壊の寸前にあるということではないのだろうか?
 中南米でのアメリカの過剰なプレゼンスに対する嫌悪があり、それに対抗する勢力として心情的には共感を感じてきた国なのだが…。医療を中心とした社会福祉の充実とかも含めて進んでいたところもあったのに、経済全体は完全に行き詰まってしまった感がある。やはり長期政権は腐るのが常だし、腐らなくても停滞しやすいし、ソ連の後ろ盾はなくなるし、隣の大国はすべてにおいて妨害を計るし、、、厳しいね。

--------------以下NIKKEI NET(日経ネット)からの引用--------------
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080818AT3S1800718082008.html

キューバ国立銀「輸入代金払えず」、日本貿易保険に通告

 独立行政法人・日本貿易保険は18日、キューバ国立銀行から期日までに輸入代金の支払いができなくなったと通告を受けたことを明らかにした。11日にキューバ国立銀行側から「当行一行だけの問題ではなく、国全体の決済資金が不足している」との説明があったという。

 日本貿易保険は「非常事故」と判断。15日にキューバ国立銀行向けの明和産業の輸出債権に貿易保険を適用し、焦げ付き分の一定割合を肩代わりする。同様に貿易保険を適用した案件はあるものの、件数や金額は明らかにしていない。日本のキューバ向け債権が広範囲で回収不能になる恐れも出ている。(18日 16:00)

|

« 街角スナップ | トップページ | 8/20:道満朝練 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューバは体制崩壊直前?:

» 北欧の次はキューバ礼賛が来る…かも? [マスコミ不信日記]
予想が外れても責任はとりかねます(汗 とりあえずこのへんから。 日本テレビ・氏家齊一郎議長が明かす 交遊録 我が友カストロがくれた「世界的スクープ」(週刊朝日 2008.4.4) 氏家 最初に会ったのはキューバ革命から4年たった1963年でした。当時、読売新聞の経済部....... [続きを読む]

受信: 2008/08/24 17:10

» キューバ 貿易代金の支払いが不能 [本質]
社会主義国のキューバが、日本から(商社など)の輸入に対して代金を支払えない状況に [続きを読む]

受信: 2008/08/24 22:27

« 街角スナップ | トップページ | 8/20:道満朝練 »