« 大怪我での損失、失ったもの | トップページ | 今中大介氏についていくつか »

2008/07/25

大怪我で得たもの、幸いだったこと、ありがたみ

・怪我のひどさの割には、後遺症が軽微だったこと
・偶然にも信頼できる主治医にめぐり会えたこと
・家族が献身的なサポートをしてくれたこと(感謝)
・怪我直後の友人のサポート・親切と、友人・親戚からの見舞いや心配が身に染みたこと(感謝)
・医師・看護・介護の方々の熱意と努力に対する感謝
・健康のありがたみを再認識したこと
・計39日という短期間、かつ、患者の立場からではあるが、医療現場の実態の一部をかいま見たこと(医師の過重労働、高齢者医療の現場)
・保険(健康保険、生命保険の医療特約、レースの傷害保険)の給付金のありがたみ
・自分が高齢になったときの身の処し方について考えたこと(介護を受けている高齢者の多い病棟だったから)
・読書習慣の復活
・カメラ趣味の復活
・自分を見つめ直す時間が十分あり、将来のことなどをほんとうにいろいろ考えたこと

※マイナス、プラス総合すればプラスだった、、、と、今でならば言える。ただ、自転車の(ホビー)レースの一線から遠ざかるを得ないことには、一抹の寂しさが残る。

|

« 大怪我での損失、失ったもの | トップページ | 今中大介氏についていくつか »

コメント

完治(と言ってもいいのかな?)おめでとうございます。
得たもの、失ったもの、読ませて頂いて色々と考えさせられました。実体験された方の言葉には凄味がありますね。
これからもよろしくです。

投稿: しらなみ | 2008/07/25 08:55

退院おめでとうございます。
自分が入院してたときはそんなにいろいろ考えてなかった。

投稿: こたに | 2008/07/25 12:31

完治おめでとうございます。
私もこの2年で2回の骨折&入院しましたが・・・あんまり考えていませんでした。
ただ、墓参りにはしっかり行こうと思ったことと、自分の運を過信せず人生と生きていける幸運をリスペクトしようと思ったことだけです。

投稿: コナ | 2008/07/25 16:06

完治おめでとうございます。

ワタシは、この春の入院はたかだか8日間だけでしたけど、同部屋の他の3人の方がいずれも高齢者(うち1人はモンスターペイシェント気味)だったこともあって、いろいろと考えさせられました。

これからの人生に、プラスにしなくてはいけないです。

投稿: おおみ | 2008/07/25 18:46

>しらなみさん
若干の感覚麻痺が残っていることや、今後リハビリ的に腰回りを鍛えなくてはならないことなどから、「完治」と言えるのかはちょっと悩むところです。
「実体験」たる怪我は、しないで済めばそれにこしたことはないです。でも怪我していなかったら、考えることもなく自転車ばかり乗り続けていたかな~、と再び悩むところです。はい。
とにかくこれからも、荒川オフその他でよろしくお願いします。

投稿: ひゅ~ず | 2008/07/25 18:53

>こたやん
ありがとうございます。なんとかここまで来ました。
二十代末に肝炎で50日間入院したときは、私もあまり考えていなかった気がします。特に将来などについては…。やはり歳をくったことと、老人ばかりという周りの環境のせいでしょう。

投稿: ひゅ~ず | 2008/07/25 18:57

>コナさん
ありがとうございます。昨年はお見舞いありがとうございました。あの時いただいた本が読書習慣回復のきっかけの一つになっていて、その点でもたいへん感謝しています。

>私もこの2年で2回の骨折&入院しましたが・・・あんまり考えていませんでした。

コナさんの入院は比較的短かったためではないでしょうか。それと私にとって昨年の入院は、8時にはレースを走っていたのに10時にはベッドの上という、「レース会場」から「入院病棟」という異次元世界に突如放り込まれたものだったのですが、コナさんには(患者、医師の立場の違いはあれど)、おなじみの世界だったからとかもありそうです。
ただ、コナさん、チタン抜くまではくれぐれも安全重視でいってください(心配性なもので…)。

投稿: ひゅ~ず | 2008/07/25 19:09

>おおみさん
なんか最近、身の回り(自転車系友人)で入院ネタが多い気がしませんか?
とにかく、苦しい思いをしたのだから、それに値するものを得たい。「プラスだった」と言えるのもそういう心理が働いている気がします。
そう、幸い今回の2回の入院では見かけませんでしたが、「モンスターペイシェント」にだけは、なりたくない&近づきたくないです。

投稿: ひゅ~ず | 2008/07/25 19:18

>マイナス、プラス総合すればプラスだった
この部分にとても感銘を受けました(おおげさかな(笑))。
いいこと、よくないことの繰り返しで、最後には「ちょっとダケ、いいことの方が
多かったな」と思えるようになりたいです。
退院おめでとうございます!

投稿: ローラーまん | 2008/07/27 09:33

ありがとうございます。
元来、ペシミスティックな私は、「へっちゃら、へっちゃら」と言える力はないのですが、長い目で見て「こんな怪我でもプラスだった」と言える自分に、自分でも驚いてもいます。(笑)
最後って言うのがいつになるのか分からないけど、ほんとうにそう思えるような日々、家族関係、打ち込めるものを維持していきたいです。

投稿: ひゅ~ず | 2008/07/27 18:37

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大怪我で得たもの、幸いだったこと、ありがたみ:

« 大怪我での損失、失ったもの | トップページ | 今中大介氏についていくつか »