« 細野晴臣 イエローマジックショー | トップページ | 映画:黒い十人の女 »

2008/02/13

映画:ぼんち

映画:ぼんち

映画:ぼんち
初めて神保町シアターに来る。デスクワーク用の弱い眼鏡だったので前から4列目、と言っても全部で10列ぐらいしかないのだが、、、に座ったが、スクリーンが大きく立派。しまった、前に座りすぎた。市川崑の特集。もしかしたら「ビルマの竪琴」しか観ていないかも。
※自宅に帰ってニュースを見たら、本日死去とのことでびっくりする。

---------------
★★★☆☆
シナリオ、カットなどには感銘は受けなかった。カメラは宮川一夫らしく美しいが、つなぎがなんとなく平凡な気がしてしまう。シナリオも洗練さが足りない気がする。どちらも標準以上のレベルにはあると思うのだが…。
出演している俳優陣は超豪華。でも、主演の市川雷蔵の引立て役になってしかいないと思わせるぐらい、彼の魅力に溢れている。ただし、最初と最後の年老いて落ちぶれたところは、今一つ。メイクが決まっていないのと、本人から出てくる気品で、落ちぶれたようにはまったく見えない。他には、山田五十鈴と、ちょっとしか出てこないけれど、中村鴈治郎が良かった。全体として見ると、市川雷蔵のためだけの映画という感じ。

|

« 細野晴臣 イエローマジックショー | トップページ | 映画:黒い十人の女 »

コメント

確か『ぼんち』は市川雷蔵が自分で企画を持ち込んだとか言う話を聞いた事があります。いや、確かかどうか怪しいですけど。
それにしても市川崑・・・決して熱心なファンという訳ではないのですが、角川映画世代としてはやはり寂しい限りであります。合掌・・・・

投稿: IMAO | 2008/02/14 02:21

良く考えると、監督も主演も「市川」なんですね。今まで市川雷蔵の映画は5、6本しか観ていないと思うのですが、その中ではもっとも魅力的でした。
市川崑のほうは、、、あまり意識したことがないのです。映画館では25年以上前に観た「ビルマの竪琴」だけ、あと、大昔にテレビで「東京オリンピック」と「犬神家の一族」くらいです。本当は、今夜の「黒い十人の女」と明日の「鍵」を観たかったのですが、、、混むでしょうね。どうしようかな。

投稿: ひゅ〜ず | 2008/02/14 06:59

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画:ぼんち:

« 細野晴臣 イエローマジックショー | トップページ | 映画:黒い十人の女 »