« 三屋清左衛門残日録 | トップページ | 溝口健二の世界 »

2007/09/09

巷説百物語

巷説百物語
退屈することなく読了。コナさんからのいただきもの。誤ってカバーを捨ててしまったみたい。
実は京極を読むのは初めて。興味深いし、さっと読ませる文章力は見事。謎解きについて、いくつか違和感を感じるもねがあったのが少し残念。
相方は京極ファンで文庫本はすべてあるらしい。でも当面は手を出さないと思う。

|

« 三屋清左衛門残日録 | トップページ | 溝口健二の世界 »

コメント

京極のシリーズ物は大きく分けて巷説百物語シリーズと
京極堂シリーズに分かれると思いますが、どちらも
食欲等には縁がなく(w、欲が起こるとすれば
「早く次が読みたい」と言うものかと。
私的にはゆっくりと時間を掛けた読書ができる時には
おすすめだと思います。
どちらもシリーズの中で登場人物や出来事が絡み合っているので
既読の本の読み直しが落ち着いてできると一層楽しいかと。
シリーズを通すと登場人物が多くなるので是非シリーズは
続けてお読み下さいませ。

投稿: rie | 2007/09/15 07:44

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巷説百物語:

« 三屋清左衛門残日録 | トップページ | 溝口健二の世界 »