« 11/24:朝ローラー | トップページ | チーム練アクセス途上 »

2006/11/24

タンゴ・冬の終わりに

タンゴ・冬の終わりに

残念ながら二階席。

-------------------------------------

 始まりの映画館のシーンは音しか分からないが「イージー・ライダー」のラストではと思ったらやはりそうだった。しかし「イージー・ライダーのバラード」はかからず演劇が始まる。この映画がなんらかの関わりを持つかと思ったがそんなことはなかった。もっとこの演劇に向く映画はいろいろあるのではないかと思うが、なぜ「イージー・ライダー」を選んだのだろうか。
 演技陣はまあまあ。堤真一はいつもの彼らしい演技で巧い。ただ、ワイルドで攻撃的な役を演ずることの多い堤だが、この役はそのような押しの強い感じに演じなくても良かったのではないか。常盤貴子は活舌が今ひとつ。怒鳴るような感じやヒステリックな感じになりやすい。それが望まれている場面ではないし、そういう演技が好感度を高くする感じでもない。秋山奈津子は好きな女優だがまあまあ程度かな。その他も標準レベル。
 ストーリーは失われた愛への郷愁と哀愁に満ちている。ただ、あのような破滅的なラストにもっていく必然性はあったのだろうか。堤が秋山を抱きしめるシーンで終わっても良かったのではないかと思うくらいだ。
 全体としては、悪い演劇では決してなく完成度の高いものと思う。しかし好きな作品と問われると答えに詰まる。ただ、席が悪すぎた。ここまで遠いと俳優の表情の変化や細かな演技が読み取れない。その分評価は低くなったかもしれない。

場所:シアターコクーン
料金:9000円
作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄
出演:堤真一/常盤貴子/秋山菜津子/毬谷友子/高橋洋/月川悠貴/岡田正/塚本幸男/新橋耐子/沢竜二/品川徹/段田安則

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b35.39.39.72&lon=%2b139.41.41.80&fm=0

|

« 11/24:朝ローラー | トップページ | チーム練アクセス途上 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンゴ・冬の終わりに:

« 11/24:朝ローラー | トップページ | チーム練アクセス途上 »