« 映画:ベルヴィル・ランデブー | トップページ | ウッドストック ~愛と平和と音楽の3日間~ »

2005/02/10

サッカー北朝鮮戦の視聴率47.2% 終了直前は57%

うーん、考えられない視聴率だ。
元もとサッカー好きではない。そして、最近の北朝鮮関連報道、仮想敵国どころか明確な敵国として捉えた政府発表の連続。これらとのリンケージが嫌で、昨日はテレビをつけなかった。それが57%の視聴率! 確かに盛り上がる試合展開ではあったようだけど…。他のカードの視聴率との比較が楽しみだ。

意図的に誘導しようとする流れや、自然発生的な方向。いろいろあるけど、こういうものが重なって太く大きな政治的な流れになっていく。それにしても、今回の視聴率のことだけではないけど、最近、踊らされていることに気が付かずに踊っている人が多すぎる。

サッカー北朝鮮戦の視聴率47.2% 終了直前は57%

|

« 映画:ベルヴィル・ランデブー | トップページ | ウッドストック ~愛と平和と音楽の3日間~ »

コメント

コメントは難しいけど、踊らされてるひとりかも知れません。ただ、チャンネルを合わせたのは(普通レベルで)サッカー好きな息子達です。
日本チームのサッカーをライブで見るのは無口になるし、本当に疲れますよ、何でかなぁ。
放映後、TDLの第3ステージを見た。経過と結果は知っていたけど、もし知らされてなかったら、これも(信じられないくらい)疲れたかも。でも浅田監督の中長期路線と、BSの永年サポートはあらためて見直しました。いつの日か、日本のロードもこの日のサッカーのような興味対象になって欲しい。

投稿: amat | 2005/02/10 21:36

コメント本当にありがとう。
この手の話をするのは難しいです。もっとはっきり書くべきかもしれないけど、時間とパワーがすごく必要です。また、昨日の試合を見て盛り上がった個々の人々を非難したいわけでもないのです。

ただ個々を超えた全体として見ると、HIDEさんの奥さまが「裏・日々是煩悩 - 自転車乗りの裏部・・・ 」で書いているような、渋谷を歩く人も少ないというような社会現象だったと思うのです。
たかが「最終予選の一試合目」があそこまで盛り上がったのは、スポーツを楽しむ以外の要素が大きく関わっていたはずです。ナショナルチームというものの宿命ではあるけど、昨日の場合は、もっと政治的な背景があって違和感が強くて…。

PS:自転車については、もうまったく同感です。浅田監督、栗村監督、もしかしたら大門監督にも、選手以上にぜひがんばってほしいです。

投稿: ひゅ~ず | 2005/02/10 22:05

「裏・日々是煩悩 - 自転車乗りの裏部・・・ 」で出た話をここで引っ張ってきたのは、「反則技」または「迷惑」だったかも知れません。
場合によっては、『HIDEさんの~ような、』の部分を外して読んでいただきたいと思っています。

投稿: ひゅ~ず | 2005/02/11 09:41

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー北朝鮮戦の視聴率47.2% 終了直前は57%:

« 映画:ベルヴィル・ランデブー | トップページ | ウッドストック ~愛と平和と音楽の3日間~ »