« じてんしゃにっき | トップページ | 仲屋 利休饅頭 »

2005/01/04

正月休み最後の夕暮れ

夕焼けを見ると、なぜか悲しい気持ちになる。
そして、明日から会社かと思うと、なぜか悲しくなる。って、こっちは、ぜんぜん「なぜか」じゃなかったりして。

この写真と下の「てっさ」はEXILIMで撮った。あまり色再現性の良くないデジカメだけど、それでも携帯のデジカメとは全然違う。
cimg1257.jpg

|

« じてんしゃにっき | トップページ | 仲屋 利休饅頭 »

コメント

会社に行かなくていいと言うのもそれはそれで悲しいものですよ。

投稿: あんどう@凸坊 | 2005/01/05 10:47

 よく考えるですよ。もう何年も…。
(1) 会社員じゃなくなる
(2) 仕事がなくなる
(3) 収入がなくなる
(4) 社会的に自分は無価値と思う
(5) やることがなくなる

 おそらく私の場合、会社を辞めても「やること」はいくらでもあるような気がしています。読書でも、サイクリングでも、家事でも、アルバイトでも、ボランティアでも…。ただ、それをずっと続けることができるかは分かりません。
 とにかく怖いのは、自分が社会的に無価値と思えてしまうことと、収入がなくなること、諸々のことで家族とうまくいかなくなることです。今の状況は、いろんな意味でギリギリなのですが、踏ん切りがつかないのはこのためです。出るも闇、残るも闇の状態がもう何年も続いている感じです。

(★そう、どんな状態になっても心配してくれる家族や友人がいるというだけでも、「無価値」なんてことは決してないんですけどね)

投稿: ひゅ~ず | 2005/01/05 17:37

「無価値」は決してありえないに同意してます。
それに、至極あたりまえのことなのかもしれませんが、親から見れば子供は幾つになっても子供であることに変わりないそうです。

投稿: 親の気持ち | 2005/01/05 20:32

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月休み最後の夕暮れ:

« じてんしゃにっき | トップページ | 仲屋 利休饅頭 »