« 画像回転→圧縮? | トップページ | 世界選手権結果(ロード・エリート男子) »

2004/10/04

金久美子死去

新宿梁山泊の看板女優だった金久美子(きむくみじゃ)が、2004年10月1日、胃ガンのため死去。45歳。早すぎる死。
「人魚伝説」とか「映像都市」に出演していたのはもう15年近く前かな。2003年7月の「20世紀少年少女唱歌集」では、直前に出演をキャンセルしたが、すでに病に冒されていたのだろうか。

下はasahi.comの記事からの引用。朝日新聞だけでなく、各新聞でも取り上げられたようだ。マイナーなアングラ劇団だった新宿梁山泊も、その観客層が世の中堅になったためか、このような訃報が大新聞やそのWebサイトに取り上げられるくらいメジャーになった。
と、同時にパワーも斬新さもなくなった気がする。もう何年も観にいってない。とにかく、鄭義信の脱退が大きかったな。

−−−−−−−−−−以下引用−−−−−−−−−−
http://www.asahi.com/obituaries/update/1002/003.html

俳優の金久美子さん死去 韓国映画「狂った愛の詩」

 金 久美子さん(キム・クミジャ=俳優)が1日、胃がんで死去、45歳。通夜は4日午後6時、葬儀は5日午前11時30分から東京都中野区中央2の33の3の宝仙寺大師堂で。喪主は父二徳(ジトク)さん。自宅は公表していない。

 長野県生まれの在日韓国人3世。アングラ劇団の黒テントを経て、劇団「新宿梁山泊」で「千年の孤独」「映像都市」「人魚伝説」などに主演するなど、看板女優として活躍した。テレビや映画にも出演し、韓国映画「狂った愛の詩」ではアジア太平洋映画祭最優秀主演女優賞を受けた。

(10/02 16:27)
−−−−−−−−−−引用終了−−−−−−−−−−

|

« 画像回転→圧縮? | トップページ | 世界選手権結果(ロード・エリート男子) »

コメント

もう10年も前ですが、僕の踊りの先生(ったって、僕が生徒というにはかなり隔たりあります・・)も40代半ばでがんで亡くなりました。日劇(NDT)の最後の看板だった人です。亡くなる一年前の最後の舞台の直前、飲んでる時に「あれ、煙草やめたんですか~?」って聞いたら「そうよ、私は次の舞台に命かけるんだから」って。ホントにかけなくてもいいのにね・・・(;_;)。こういうので食うには相応に魂削るんでしょうね。稽古は怖かったけど、そういえば最後の方は少し優しかったかも・・・(;_;)、なんてことを思い出しました。
あ、それで彼女が乗ってた車があの「赤いの」です。

投稿: カニコ | 2004/10/04 23:51

そうですか、あの車にはそのような来歴が…。もう一生乗るしかないですね。
それにしても、命懸けて、、、本当に亡くなってしまう人は時々見聞きします。

そう、「先生」、「生徒」というからには、カニコさんはダンス習っていたのですね。これはかなり予想外(と、チーム員全員が言うはず)。

投稿: ひゅ~ず | 2004/10/05 12:32

こないだ修理したから次の車検は通しますが、その次は・・とコンプレッサーの赤ランプが点灯する度に思う今日この頃です。

「予想外」の方はまあ僕なんで、たかがしれてます。自転車と同じです。いわゆる「タメ」というか余裕がありません。四肢の先まで神経を集中できません。重心がブレます。遠くを見ていません。リズム感がないです。周りと揃いません。って書いてると共通項が多いな、って思ってイヤになってきました^;

投稿: カニコ | 2004/10/08 00:18

いえいえ、そんなこと言わず一生乗ってください。
と言うのは冗談にしろ、あと少し(5年程度か)乗るとクラッシックカー、、、とはいかなくてもビンテージカーとしての価値が出てきますよ。デザインの良い車だし。

四肢の先まで集中できなくても、重心がぶれても、遠くを見なくても、リズム感がなくても、周りと合わせられなくても、、、絶対的な脚力さえあれば、自転車は勝てます。がんばってください。(私には絶対的な力がないことは明らかなので…、一方的に強く期待します)

投稿: ひゅ~ず | 2004/10/08 17:32

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金久美子死去:

« 画像回転→圧縮? | トップページ | 世界選手権結果(ロード・エリート男子) »