« 夜の荒川 | トップページ | 日本晴れ »

2004/10/01

blogの容量

今使っているblogは、@nifty会員は無料のコースで、容量は30MBまで。
30MBって大きいと思っていたけど、この10日間で約1MBを使ってしまった。このペースで行くと一年持たず、300日で限度に達してしまう。ふー。

更新や管理などはとても簡単で便利だけど、通常の静的なWebページと違って移植性は低いようだ。
1年後、また将来この内容をどこかに移す時が来ることを考えると、非常に頭が痛い。
一般に、便利さとポータビリティ(移植性)というのは、相反することが多いような気がする。

写真を減らすか(今のサイズは約40KB)、koremasaみたいに小さい写真にするか…。
まぁ、当面は思考停止して、このまま更新を続けてみよう。

|

« 夜の荒川 | トップページ | 日本晴れ »

コメント

blog の容量は私にも心配の種です。

移植性の問題は、「記事を読み込む/書き出す」の機能で blog ツール間の可搬性が確保されているのではないかと思います。

投稿: くまざき | 2004/10/01 01:11

簡単だからこそ使用容量もどんどん増えるのだろうけど、ちょっと意外なほど速い勢いです。まぁ最終的には950円/月払って150MBまで使える有料サービスに移行することも考えようと思っています。
qmaさんの書いているblog間の移植性がうまくいくなら、他の無料サービスやアカウントに過去ログを移動させる手もあるんですね。

もう一つ意外かつ困っているのは、ちょっと更新などに時間を使いすぎのところ。これは少し飽きれば定常状態になるかな。

投稿: ひゅ~ず | 2004/10/01 07:15

 テキストは移植できても、画像は簡単には移植できないですよぉ。

投稿: kazz | 2004/10/01 12:29

「記事を読み込む/書き出す」機能を見てみたけど、画像ファイルへのリンクもちゃんと書き出すようですね。

(1) ココログの画像ファイルを一括で別なところにコピー。
(2) 書き出したファイルの画像リンクを一括で置換して(1)の別なところのリンクに直す。
(3) 修正した書き出しファイルを再度、ココログにアップする。
(4) ココログの画像ファイルを削除する。

という手法が使えるなら、画像ファイル分は軽くできそう。
ただ、書き出したファイルを再度アップした際に、リンク・カテゴリを含めてちゃんと同じになるかは、実際にやってみないと分からないですね。

投稿: ひゅ~ず | 2004/10/01 16:35

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: blogの容量:

« 夜の荒川 | トップページ | 日本晴れ »