« "セン"の字? | トップページ | 演劇:シカゴの性倒錯/カモの変奏曲 »

2004/09/27

超小型無線センサー

今朝の日経産業新聞1面に、TDKの超小型無線センサーの記事が載っていた。
うーん、これを見て思うのは、こういう技術の応用の先にある怖さ。
もっと進んでさらに小さくなれば、盗聴装置への応用も簡単。個人レベルでも、国家レベル(1984の世界だ)でも利用が進みそうだ。
小型化と情報処理能力の飛躍的な向上で、以前は考えられなかったようなチェックやスクリーニングが可能になると思う。

日経産業新聞Webページより引用(2004/09/27 15:21)
http://ss.nikkei.co.jp/ss/
−−−−−−−−−−以下引用−−−−−−−−−−
Today's Shot
tdk01.jpg
電池搭載、通信距離長く
 TDKは温度や湿度、照度など複数のセンサーを搭載しデータ情報を無線で送信できる小型の無線センサーモジュール(複合部品)を開発した。電源にコイン型のリチウム電池を使い、データを頻繁に送っても約1年は電池がもつ省電力設計にしたのが特徴。来年3月から量産を始める。(写真=TDKが開発した無線センサーモジュール)
−−−−−−−−−−引用終了−−−−−−−−−−
(紙のほうの日経産業新聞には、もう少し多くの情報が載っていました)

|

« "セン"の字? | トップページ | 演劇:シカゴの性倒錯/カモの変奏曲 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超小型無線センサー:

« "セン"の字? | トップページ | 演劇:シカゴの性倒錯/カモの変奏曲 »