« 演劇:シカゴの性倒錯/カモの変奏曲 | トップページ | 2週間ぶりの朝練 »

2004/09/28

ICタグで児童の登下校管理

昨日の「超小型無線センサー」の類似ネタ
全国紙でいろいろ報道されているようだけど、ソースは富士通のニュースリリースのよう。
プライバシーとかの問題はないのだろうか。

もう一つ。これってロードレースの着順システムに応用できないのだろうか。今のマトリックスのセンサーより小さそうだし、10m有効なのでマットも不要。

|

« 演劇:シカゴの性倒錯/カモの変奏曲 | トップページ | 2週間ぶりの朝練 »

コメント

登下校時の着順判定につかえますね。
関連部署では、ありとあらゆるものにICタグを付ける
算段をしているようです。
ちょっと怖いです。

投稿: ローラー | 2004/09/28 12:57

学生時代、登下校の着順判定ではいつも下位またはDNFでした。
今の会社では、登のほうは最終完走者、下のほうは中位でしょうか。

スーパーで買う100円程度の菓子の箱にもICタグが付きそうな流れですね。
便利になるほうもすごいと思うのだけど、負の利用もすごそうで想像がつきません。

投稿: ひゅ~ず | 2004/09/28 13:45

立教小のニュースは民放で見ました。富士通の製品技術とは紹介されてなかったけど、これだったんですね。

投稿: amat | 2004/09/29 01:07

新聞各社、おそらくテレビでもかなりのところが取り上げたようですね。富士通が各メディアを集めて記者発表会とかを行ったのだと思うのだけど、ここまで取り上げられたというのは、広報部の勝利でしょう。
ただ、それほどインパクトのある記事なのかな。個人的には少々疑問。

投稿: ひゅ~ず | 2004/09/29 09:55

無線ICタグは金属や水を透過しないとかの弱点があるんで、自転車レースで使えるかは微妙ですね。コスト的にもまだまだ。おぼっちゃま学校だからこそできる技でしょう。
インパクトは十分だと思います。スーパーの在庫管理より生活感あるし、学校関連の犯罪が目立っているし、日本中の人が知っている学校名だし。

投稿: kazz | 2004/09/29 22:18

金属や水を透過しないのは電波側の問題かな(出力?、周波数特性?)。アンテナがあるわけではないし、限界はありそうですね。そう、針金を伸ばしたようなアンテナを付けたICタグを見たことがあります。

インパクトについては、、、我が家には子供がいないこともあり、学校系のトピックの社会的インパクトを過小評価する傾向があるようです。

投稿: ひゅ~ず | 2004/09/30 12:12

 周波数とかによっていくつかの規格が出てきています。電波だから、どうしても金属には弱いんじゃないかな。集団ゴールの時にセンサーから遠い位置の人は感知されないということもあるかも。それを避けるためにはマット状にいくつかセンサーを設置するとかいうことになるかと。
 10m離れていても使えるってことは、ゴール10m手前からすでに感知しはじめるってことにはならんのかな。

投稿: kazz | 2004/09/30 12:57

> 10m離れていても使えるってことは、ゴール10m手前からすでに感知しはじめるってことにはならんのかな

これは盲点でした。
アクティブといっても常時電波を出しているのではなく、センサー側からの起動信号に応答して発信しているのだろうけど…。距離が長いってことは、ゴール前で「ゴール」ってことになりかねないですね。

マトリックスのチップなどでは、どうやってゴールの瞬間をとらえる仕組みにしてるか興味津々。センサー側からの起動信号の到達距離が短いのかな。

投稿: ひゅ~ず | 2004/09/30 13:25

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ICタグで児童の登下校管理:

« 演劇:シカゴの性倒錯/カモの変奏曲 | トップページ | 2週間ぶりの朝練 »